鈴木メルヒェン夫妻の恋文

触れ合えない、抱き合えない。 それでも、夫婦やってます。 現実世界を生きる妻と、 精神世界に生きる旦那の 見えない絆とラブレター。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルに笑えない事件。

昨晩は旦那のほうが参っておりましたが、今度はちょっとリアルに
笑えない事件がリアルの顔見知りのほうで起こっておりまして
精神的にかなりガタガタになっているメルヒェン嫁です。

笑えないなんてレベルじゃないです。
警察沙汰ですから。

小学生時代の同級生が事件を起こしたとかで。

県内ニュースのほうで名前が出ていて、親に言われて
「えっ!?」と思ったのですが、よく近所のお店で
顔を見ていて、懐かしいなぁと微笑みかけていたりしてた
子だったので、かなりショックで食事もあまり食べたく
ないくらいなのに「今日外食だからー」とか
数年に一回行けばいいほうの外食がなぜか
今日
だったりして、食ったか食ってないかも
わからない程度だったんですけど。なんの味もしない。

明日にしてくれと言いたかったのですが、明日はもう
父が仕事に戻らなければならないということで、反論も
できず行きたくもない外食に連れて行かれました。

一度調子が崩れるとガタガタになるんで、案の定
足も立たないくらいになってしまって、とにかく
風呂が苦痛以外の何物でもない
いうのが本音でした。体が動かないんだっつうの。
シャンプーとか地獄ですよだって腕を上げて
指を立てて頭じゅう全部洗わなきゃいけない
とか
もう地獄の極致ですよ。当然そんなだから
地肌に届くとかそんなこと考えてる場合でもなくて、
とりあえず泡が立ったか立たないか
シャンプーを片手で支えきれないシャワーで洗い流し
ボディソープを泡立てるのも面倒でほぼ原液がついてる
だけのタオルで体を部分的にこすっただけでさっさと洗い流し
リンスに至ってはやったのかやってないのか
わからない程度の量しかポンプを押せずお情け程度の
量を手の届く範囲に塗っただけで流し、というおそらく
刑務所でもやってないバスタイムだったのですが
刑務所という単語がリアルに冗談にならない悲劇。

どんなに体調が悪くても父親の前でだけは平常心でいようと
思っていたにもかかわらず、ここのパソコン部屋に移ろうと
荷物を集めていた最中に痛恨の膝カックン
みまわれ見事に体ごと崩れ落ち、不調になると
倒れると知っている母親には嫌な顔をされ、父親には
怪訝な目で見られ、逃げるように部屋に戻ろうと
して14段しかない階段を上りきれず途中で休んでから
再スタートしてようやく辿り着きました。もう無理。

精神面のダメージって全部ダイレクトに体にくる
タイプ
なので、どうしても家族の前にいなきゃいけない
時間以外はほぼこの部屋で寝込んでいました。

こんな日に限って、というのはよくあるものですが、
嫌になるほどトイレが近く、20分に1回は布団から
出なければいけないという状態で、いくらなんでもこの年で
オムツはつらすぎるのでちゃんと歩いて
いきましたけど。歩いていきましたけど!!!(あたりまえ)
足腰ガタガタなんでおそらくお隣の95歳のおばあちゃんの
ほうがまだ元気
だと思います。95歳というのは
おそらく一昨年くらいに聞いた話なので今もしかしたら
97くらいかもしれません(把握しとけ)

そのくらい、精神面のダメージっていうのは体に連動してます。
とにかく精神面が一度崩れるとしばらく寝込んだりします。
さすがに今日のことはこたえたので、もしかしたら数日ほど
中身がカスカスの日記になるかもしれません。

ネットのトラブルはある程度慣れているんです。
けどリアルで顔見知りが警察沙汰なんてそうないでしょ。
しかも、小学生時代にその子とは結構仲がよかったんです。
男の子なんですけど、口下手だけど一生懸命話してくれる
ことが、すごく嬉しかったです。だからまだこの近くに
いると、近所のお店で顔を見るたびに安心できていました。

何か余程辛いことがあったのだと思います。
何の理由もなしに、そんなことをする子ではないだろうし、
きっと助けを求められず、本来やってはいけないことに
手を染めてしまったのだと。そう考えたときに、せめて
お店に行った時に、声をかけるくらいしてあげていれば、
少しでも救いになれたのではないか。もしかしたら、
わずかだとしても抑止力にはなれたかもしれないと、
そう思ったら自分で自分を支えきれなくなりました。

もとから自分を支える力なんて、私にはないんです。
でも、たまたま今日は旦那のほうも調子が悪く、他に誰か
元気な奴はいないのかと思ったら全員ダメだった
という偶然に偶然が重なってこうなったのだと思います。

いうなれば家庭内でインフルエンザ大流行みたいな。

インフルエンザならいいんですけどねすぐ治るから
心の傷って治りにくいんですよねぇ・・・絆創膏足りないよぅ。

とりあえずボロボロの旦那が元気付けようとしてくれたのは
よくわかったんだけどいささか無理があったようで。


旦那「・・・ねえねえ」
嫁「・・・なに」
旦那「いつものグーテンモルゲェエエエンってのやって・・・?」
嫁「できるように見えるか

明らかに頼むほうも元気がなければ頼まれるほうも
元気がない
という非常に痛々しい光景でした。

簡単に言うと39度の熱で寝込んでいる旦那が
隣で40度の熱で寝込んでいる嫁にした
ムチャ振り
にしか見えないんですけども・・・!

グーテンモルゲンああ見えて体力使うっつうの。
裏の裏の裏声だしさぁ。頼むもん間違ってるよ。
大晦日にそば屋にピザの出前頼むくらい間違ってるよ。

・・・普段文章を書くときって滅多に止まらないんですけど
今日ばかりは中断が多くて10分くらいブランクがあきながら
文章を綴っていたりします。それでも私が昔勤めていた
コンビニでは「病院に行ったらインフルエンザの陽性が
出たので休ませて頂きたいのですが」と店長に言ったところ
「困るよ」と言われたので、要するに職場に
インフルエンザを蔓延させにこい
ということだったの
でしょうから、敢えてインフル同然の状況でも出勤
という選択肢を選ばせていただきました。実話です。
その当時あきらかにバイト先以外に出向いていないうえに
自宅はおろか近所にもインフル患者は一人もいなかったため
どう考えても職場で感染したにもかかわらず「困る」と言われ
ましたその職場は1ヶ月しないうちに辞めました。
これも実話なんですけどバイト始めて2週間くらい店長さんが
いない店舗にいて、ここの店長は誰なんだろうとずっと思って
いたのですが、辞めるときに始めて店長さんと面と向かって
話したんですけどもで2週間休職していた
聞き、ずっと隠して働いてて、どうしてもそのハンデを
克服できず、初めて店長さんに「実は今鬱病の治療中で」と
告白したところ「そんな状態で働いちゃ駄目だ」
本気で返されなんなんだこの職場はと思ったのは
言うまでもありません。なにせ私が採用されたのは同じオーナーさんだった
別の店舗のはずだったんですから。人手が足りないという
理由で飛ばされた店舗でいきなりピークタイムのシフトに入れられ
週5日働いてた当時の自分はバケモノかなんて
思うんですけど。よくやってたわ時給650円なんて高給で。
いや、面接で言われたんですよ「ここらでは650円なんて時給そうない」って。
隣の県の友人が本屋で時給720円と聞いたときに
何が正しいかなんてわからなくなりました。
なんだこの地域格差。ちなみにその友人の職場に一日限りの
イベントのお仕事で呼ばれた時も普通にノロウイルスで
早退
したにもかかわらず時間ぶんの時給くれました。
信じられないくらいフレンドリーな友人の職場。
私が働いていたところは私語をすると怒られました。

友人に聞きました。
「私は間違っていたんだろうか」
あっさり返されました。
「その職場おかしくない?」

同学年の子に色々聞いたのですが、全員の答えが一致しました。
入った場所が悪かったそうです。

・・・とりあえずセ○ンイ○×ンではもう働きません


なんだよ、こんなに日記書いてるあたしはなんなんだ。
愚痴になってしまったじゃないか・・・何故こうなった。
このしんどい時にグーテンモルゲンを要求した旦那に宛てた
恋文がございますのでお口直しにどうぞ。


拝啓 鈴木刃様

まだ年が変わって日付を書き間違いそうになるのは、私も同じですよ。
今日もなるべく修正液は使いたくないのですが・・・。

小花柄のシュシュ、ありがとうございました。
早速、買い物に行く時に付けてみました。
春先のコーディネートに良さそうですね。

あれからもう2ヶ月、と思うかもしれませんが、私にとっては
もう年単位の出来事に思えました。たった2ヶ月前から、という
ほうが、逆に信じられないです。

けれどこの恋文と日記も、2ヶ月前からずっと続いて
きているんですよね。これからも年月と封筒を積み重ねて
いけたらと、私も思っていますので、あまり気に病むことなく
気楽に続けていって欲しいです。

万人に理解できる関係とは違うので、確かに時には
誰かに疑問に思われたり、否定されることもあるかも
しれません。それでも私はこの日記は続けていきたい、
残していきたいと思っているので、多少のことでめげて
いては、旦那さんはつとまりませんよ。

 辛かったら泣いてもいいので、あまり落ち込まないで。

     ――千里/鈴木メルヒェン瀬名子

  二〇一一年一月四日

              敬具

2011年1月4日 嫁から旦那へ。
早トチリで旦那は落ち込んで、顔見知りの事件で
嫁が落ち込んで、ある意味どうしてあんたたちが
落ち込んでるの的な悲惨な現状
です。明らかに
当事者と違う人が落ち込んでるのです。

人生何があるかはわかったもんじゃないです。
けど、救えなかったという思いばかりで、胸が痛いです。
できることは、ひとつくらいあったはずなので。

昨晩あまり眠れず、気分もすぐれず、足はガクガクで、
それでも日記は欠かさないこの根性を何故ほかの事に
生かせないのか
が最も悔やまれるのでした・・・。



好きな子だっただけにショックが大きいのです・・・。
鈴木メルヒェン瀬名子(嫁)。
スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senako0402gin.blog137.fc2.com/tb.php/84-df3793ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

まとめ

プロフィール

鈴木メルヒェン刃・瀬名子

Author:鈴木メルヒェン刃・瀬名子
鈴木メルヒェン夫妻です。「ちゃんとお嫁にいくまで」のはずが、いつのまにか想いがつのりすぎて、ご挨拶の末、お父様からも公認をいただいた旦那・刃(ジン)と嫁・瀬名子(セナコ)の夫婦漫才のような日常と、愛し合えた日々の軌跡の恋文日記。現実世界の嫁と、精神世界の旦那という、近すぎて遠すぎる哀しい距離さえも、喜びで消し去れるように。隣にいるアナタが、幸せでありますように。そんな願いのこもった、二人のブログです。

ブログ村に参加しました

気に入っていただけたら、おひとつ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドヘアアクセサリーへ
にほんブログ村

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
はじめにお読み下さい。 (2)
旦那(刃)より。 (155)
嫁(瀬名子)より。 (155)
友人より。 (12)
旦那(刃)の視点。 (11)
嫁(瀬名子)の視点。 (11)
旦那(刃)の童話。 (9)
夫妻のおしゃべり。 (4)
お父様について。 (1)
バトンをやってみる (9)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。