鈴木メルヒェン夫妻の恋文

触れ合えない、抱き合えない。 それでも、夫婦やってます。 現実世界を生きる妻と、 精神世界に生きる旦那の 見えない絆とラブレター。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ銀婚式の両親へ、新婚の夫妻より。

皆様、あけましておめでとうございます。旦那の鈴木メルヒェン刃です。
本年も家内ともどもどうぞ宜しくお願いいたします。

ということで新年早々初売りに行ったつもりが、いつも通りに手芸店とかに寄っただけで福袋は見ずに帰ってきてしまった嫁さん・・・


嫁「だって、いらないんだもん」
旦那「毎年アクセサリー福袋買ってたじゃん」
嫁「お前に頼めばシュシュなんていくらでもできるもん
旦那「ごもっとも(笑)」

まあ確かに、そこらに400円とかで売ってるシュシュ見ると「高っけぇ!」と思ってしまうハンドメイド旦那なのですが。おれだったら400円あれば1mの特価生地買ってきていくつでも作れるのに。強いて言うなら糸がいるくらいかなー。糸は手縫いだからいいやつを使ってます。絹糸を。

自宅に帰ったら、昨晩から嫁さんとこそこそやっていた親へのサプライズの準備の続きにとりかかりました。
クマさんのペアぬいぐるみを作るとかで、うっかりダ○ソーの生地を使ったら生地がみごとに裂けて別の生地で作り直すのに二度手間になってイラッときて、昨晩中に終われなかったうえに嫌な初夢を見てすごく嫌な目覚めだったと、そして「今年はろくな年じゃねえみたい」と嫁が嘆いてましたが。

昨晩のうちに一応このお母さん用のピンクのクマさんはできました。
背景に映っている本のなかのクマさんを参考に、型紙を印刷して作ったんですけど。
おかあさんクマ。後ろの本を参考に作りました。
嫁さんが高校のときもこれを作ったことがあったそうで。同じ本を参考に。
もともとフェルト手芸の本なのですが、こういう布でもできるみたいなのでやってみたんですけどね。
おれのおかげらしく、昔よりはずいぶんうまくなったと言ってましたが。昔こういう布でものすごい悲惨な出来になったらしいので。見せてもらったんですけど絶句するようなクマでした。
で、緑の糸を買ってきて夕方ずっと縫い物。親と同じ部屋で兼ねてから嫁が楽しみに楽しみに待っていたイッテQのスペシャルを見ながら後ろで地味にちくちくちくちく縫ってました。
どさくさに紛れて、ちゃっかり写真も撮っておいたお父さん用のクマ。
おとうさんクマ。色違いで柄は同じです。
ボタンで手足が繋いであるので可動式です。動かして遊べるしくみです。

色違いの布なので、並べてみると統一感があっていいです。
並べてみた。色違いだから統一感がある。
これもホント親の後ろでどさくさまぎれで写真撮ってたんですけど(笑)。

最後に100均で見つけたヒモつきの小さいメッセージカードにイラストとメッセージを書き入れて、クマさんの首に結んで完成。あとは親の後ろで明らかにガッサガサと音を立てながら袋詰めしてテレビ見終わったあとにプレゼントしました。この写真はあとで撮らせてもらったんですけどね。
手書きのメッセージカードをつけて完成。

早速動かして遊んでくれてた親を見て、嫁さんも安心していたようです。
この年にもなってお年玉とか貰って申し訳ない、って思ってたから、何かお返しがしたくて、でもお金で買えるものってだけだと味気ないねっていう話をしてて、思いついたのがこの夫婦クマさんだったんですけど。

両親が結婚して2年か3年したころに嫁が生まれたらしいので、そろそろ銀婚式なのではないかと思ったから、というのも理由ですが、今でも、喧嘩しながらでも元気でいてくれている両親に感謝しなきゃだめだよ、と嫁さんに言われて、その通りだなって思いました。そういうことにきちんと感謝できる自分でありたいですね。


さて、新年一発目の恋文はおれからだったのですが、日付書くときに非常に戸惑いました。
二〇一一・・・覚えるまでに一ヶ月くらいかかりそうですね。


拝啓 鈴木メルヒェン瀬名子/千里様

あけましておめでとうございます。
様々なことがあった二〇一〇年でしたが、無事年を越せて、貴女に今年も恋文を綴れることに素直に感謝しています。
今年も宜しくお願いします。

気がついてみれば、本当にもうこんなにたくさんの恋文を交わしてきたのですね。
ちょっとした思いつきが、こんなに大きくなるなんておれも思っていなかったのですが、まだ続いていけるでしょうか?

二人で歩んでこれたこと、八人で歩んでこれたこと、本当に嬉しいです。
そして全員が足並みを揃えて新年を迎えられたこと、必ず意味はあります。
どうか自分に自信を持って、今年も共に歩んでいけたらいいなと、おれは思っています。

おれは貴女に守られてここで生きていますので、守られることにあまり抵抗を持たなくていいですよ。
何事にもすぐ遠慮してしまう貴女らしいといえばらしいのですけどね。

今年はもっと夫婦の絆を深めていけたら、おれはそれだけで幸せです。

    鈴木メルヒェン刃

  二〇一一年一月一日

                 敬具

2011年1月1日 旦那から嫁へ
・・・とりあえずペン字でも習え的な字の汚さですみません。
ぶっちゃけ毎日ふたりとも時間がなくて走り書きなのです。
嫁も信じられないスピードであの恋文を綴っているのです。
昔から速記だからどうしても字が汚くなるという
性質の持ち主なので、念のため習字はやってたんですけど、毎度毎度
あんな集中してたら量がこなせないので速記のままで(苦笑)。

福袋も買わなかった嫁さんからの情報なのですが、

嫁「こないだちりめん買った呉服屋あったじゃん?
  あそこ潰れるらしいよ

嫁が通いだすとあらゆる店が潰れるのですが・・・!
念のため閉店セールには足を運ぼうと思います(汗)。



鈴木メルヒェン刃(旦那)
スポンサーサイト

テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

コメント

新年のご挨拶☆

あけましておめでとうございます♪♪♪
2日にバーゲンへ行ってきました~
お店で1個400円くらいのシュシュを2個、
購入しました。
私は安いと思っていましたが、
やはり作り手の刃さんにとっては
これも高いのですね(笑)
※だいたい1000~2000円で売っていません??
そうすると店は、かなりぼったくってますよね(笑)

そして、ペアのテディベアは可愛いです♪♪♪
ホント手先が器用なんですね!!
羨ましいです☆
そしてご両親も喜ばれてサプライズは
成功して良かったですね★
お金の金額ではなく、やはり気持ちが
一番大事だと思います(o^∀^o)b

そして、お年玉は貰える内に
貰っといた方がいいと思います。
あと数年したら、親戚の子ども達に
嫌でも配るハメになりますから(笑)
私もそろそろ従兄弟の子ども達に
お金をあげる年齢になりました。。。
でも、可愛いからあげちゃう♪♪♪

ちょっと文章が長くなってしまいましたが、
今年もよろしくお願いします☆

あけましておめでとうございます

いねむり姫さん、あけましておめでとうございます。メルヒェン旦那の刃です。

シュシュって基本的にけっこう高いものなんですけど、作り方覚えた人って皆買わなくなるらしく、嫁の手芸好きの友人も「シュシュは買ったためしがない」とおっしゃっていたとかで。
昔は嫁もシュシュ沢山買ってたんですけど、おれが作るようになってからはぱったり買わなくなって、「好みの布を買ってくるからそれで作ってくれ」というオーダーメイド状態です。だいたいシンプルなもので400円は相場ですよね。嫁の好きな通販サイトの「サン宝石」っていうところは、まあ中高生向けの通販サイトなんですけど、シュシュとかかなり安くて(安いものだと30円くらいからあります)そんなにこだわりがなければここのがオススメです。嫁もおれが作れないようなのはここで買うといってるので。大量生産だから安いみたいで、アクセサリー通販はほぼここで買ってます。
福袋は当たりハズレがあるので、今年は無駄を省こうということで買わなかったんですけど、例年はだいたい1000円くらいの福袋を買ってましたね。

クマさんは本の型紙をコピーして使ったんですけど、ちょうどペアにできる布があったのでそれで作りました。早速部屋に飾ってあったので、作ってよかったなぁと思いました。親の後ろでめちゃくちゃガサガサいわせながら袋詰めしてたんですけどね(笑)。

あまり親戚と会う機会がないのでまだお年玉をあげたことがないというかあげるお金もないというかなのですが、我が家では正月に親戚のところとかに行かないので自分の家で自分の子供に還元という謎めいた習慣があって、ここ10年以上は嫁は親戚からお年玉って貰ってないんですよね(笑)。それを哀れんでか、毎年親から1万円を貰えるんですけど、それでも最初2万くらい貰えるはずが「いやいやいや1万でいい!1万でいい!」とかお年玉を値切ってた嫁がいかに貧乏性なのかよくわかりました^^;

あげれるだけの額を稼げるようになったら、親戚の子にでもポチ袋に詰めてあげたいと思いますが、今あげれるものっていったら手作りのシュシュくらいですね(笑)!お金がない・・・^^;

今年も嫁ともどもよろしくお願いいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senako0402gin.blog137.fc2.com/tb.php/80-8b062745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

まとめ

プロフィール

鈴木メルヒェン刃・瀬名子

Author:鈴木メルヒェン刃・瀬名子
鈴木メルヒェン夫妻です。「ちゃんとお嫁にいくまで」のはずが、いつのまにか想いがつのりすぎて、ご挨拶の末、お父様からも公認をいただいた旦那・刃(ジン)と嫁・瀬名子(セナコ)の夫婦漫才のような日常と、愛し合えた日々の軌跡の恋文日記。現実世界の嫁と、精神世界の旦那という、近すぎて遠すぎる哀しい距離さえも、喜びで消し去れるように。隣にいるアナタが、幸せでありますように。そんな願いのこもった、二人のブログです。

ブログ村に参加しました

気に入っていただけたら、おひとつ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドヘアアクセサリーへ
にほんブログ村

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
はじめにお読み下さい。 (2)
旦那(刃)より。 (155)
嫁(瀬名子)より。 (155)
友人より。 (12)
旦那(刃)の視点。 (11)
嫁(瀬名子)の視点。 (11)
旦那(刃)の童話。 (9)
夫妻のおしゃべり。 (4)
お父様について。 (1)
バトンをやってみる (9)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。