鈴木メルヒェン夫妻の恋文

触れ合えない、抱き合えない。 それでも、夫婦やってます。 現実世界を生きる妻と、 精神世界に生きる旦那の 見えない絆とラブレター。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製本作業が板についてきたんですけど

コピーとりにいったついでのお買い物で一日が半分近く終わってしまって、帰ってきたら弁当食ってすぐ製本作業やったのでただバタバタしただけの一日になってしまった気がします。
買い物も気がついたらコンビニにスーパーにドラッグストアにホームセンターやら10軒まわってたので。
食糧品も何人家族だよ的な量を買いました。あれで年末までやっていきます(え?)。
UCCのコーヒーがチマキングで1缶49円で手に入ってうはうはです。大好物ですコーヒー。

で、コピーとったから製本作業とかやりました。
次回イベントはいつもと違う会場に出向くので、本も多めにつくる予定でイッテQ本を10部増刷しました。
この本はなぜか本当にその時必要な部数しか刷らないせいですでに5刷という。表紙にも昔は本物のフェルトモチーフつけてたんですけど3刷以降はステッカーになりました。そんな数をいちいち用意できないので。
かわいかったので100均で買ったサンタさんの箱にできたての本つっこんでみました。
サンタ箱とイッテQ本再販
1冊100円の本×10ですけっこうな量ですよねぇ・・・。
「こんなに部数つくるなら印刷所にでも持ってけばよかっただろうか」と言ったのですが「ダメダメ!ウチでつくってるから100円で出せるんだよ!多少製本が雑でもそのぶん安いの!」って言い返されてなんとも返せずでした。
雑っていっても、1冊1冊丁寧につくってますんで安心してお買い求め下さい。
16Pです。本編(漫画の部分)は13Pです。ラブコメのコメ不足宮川→イモト→手越の一方通行なお話です。
表紙画像は裏表紙まであわせるとこんな感じになってます。10月10日に発行されました。
ウワサの(?)イッテQ本表紙
ちゃんと森三中とか書いてあるんですけど嫁さんが「デブがデブ描くと似るよね」と言ってて本気で否定できませんでした。
ついでにこの間、嫁さんが自分とこのお絵かき掲示板で「やはり常日頃から地球のことを思って、肉布団を身に付けて暖房を節約していたのを神は見ていてくれたのだろうか。」とレスに書いたことを、投稿した絵の主の方がご自身のサイトで紹介されていてなんというポジティブなと言われていたことを今日になって知ったのですが。
それについて嫁さんは「デブでも独女でもアホでもネガティブよりはずっとまし」とか言ってました。
どんだけポジティブなんだよ・・・ここまでくると笑うしかないわ。

それとこの間つくったマトリョーシカ柄のシュシュをパッケージ詰めしました。
もちろんイラストはマトリョーシカです。さっき描いてきました。
旦那画・この間作ったマトリョーシカシュシュのパッケージ
この子もお嫁にいくんだろうか・・・ああなんか寂しいなぁ親心ってこんななのかなぁ。
まさかこないだ全部売れるとは思わずにつくってたからなぁ・・・ちょっともっと丁寧にがんばらないといけない。

っていうか黄色のお菓子柄もつくんないとだなぁ。
あれはレースつけようかなぁやめようかなぁ。今回シンプルで勝負してみようかな?


実際今日も肉布団を身に付けて現在暖房ナシ靴下ナシなのですが、風邪だけはひかないようにっていってるのに嫁さんが「嫌だ、靴下すべるもん」とあきらかに不注意の改善でなんとかなる言い訳をする件についてなのですが・・・この嫁を管理する旦那の身にもなってくれ。

とりあえず昨日の恋文。寒いけどちゃんと毎日書いてますよ。


拝啓 鈴木メルヒェン瀬名子/千里様

新しい「ブログの顔」のイラストですが、貴女の希望に添えなくてごめんなさい。
この先のスケジュールを考えたら、こっちの方がいい気がして。

クリスマスはかなり忙しくなりそうですが、おれも体調には配慮しつつ、作業を進めていきたいと思っているのですが、急ぎの仕事が多いので、無理しがちな貴女が少し心配だったりします。
おせっかいに聞こえても、皆に「休んでくれ」と言われたら、できれば休んで下さい。

時々貴女が覗かせる寂しそうな横顔に、旦那のくせに抱きしめてもやれない自分の不甲斐なさを思い知らされることもあるのですが、「夫婦の時間」といってとってくれる休憩時間、貴女の体温を感じられる時、おれは何となく幸せというか、「生きてていいんだな」と思うことがあります。

必要とされたからこその今であり、おれも必要としたからこそでもあると思うので、貴女の本音を聞ける日記では、これから先、旦那としての課題や目標を知ることができるので、どうかこれからも続けていけたら続いていったらいいな、と思っています。


    鈴木メルヒェン刃

  二〇一〇年十二月十六日

                 敬具

2010年12月16日 旦那から嫁へ
毎日忙しいのですが、それでも暇よりはマシというような嫁さんと一緒にいると、「そうかなぁ」とか思ってしまう旦那なのです。
暇なんて最近思ったことないです。退屈なんてしたことないです。
そのほうが幸せという考え方も、あってもいいと思うけれど・・・さすがにちょっと疲れそうな今日この頃です。
まだもうひとつのほうの本の増刷もあって、それがけっこう枚数あるのでそれとじたら今度は東京の友達に手紙書いてもう一人のお友達のぶんも含めた大量の本を送る予定だそうです。郵便の範囲でいくだろうかとか言ってるんですけど。あわせて10冊くらい詰めるそうなので。
このイッテQ本も奇跡的にフェルトモチーフが本物の2刷がまだとっておいてあったらしいので、それを送るそうです。
本物のフェルトモチーフにはリボンもついてます。ひとつひとつ手作りしました。
今はもうステッカーになっちゃったけど・・・最初のほうの人の本にはちゃんと本物がついてたんですよ。
まさか40冊近くも刷ると思ってなかった時期ものの本のはずだったので、おれも驚いてるんですけど。そんなにいるとは思わずにいました。
それでも、もっとたくさんの方に読んでもらえるといいなーとか思って、今夜も原稿とかシュシュとか忙しいふたりなのでした。



鈴木メルヒェン刃(旦那)
スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senako0402gin.blog137.fc2.com/tb.php/61-1682c487
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

まとめ

プロフィール

鈴木メルヒェン刃・瀬名子

Author:鈴木メルヒェン刃・瀬名子
鈴木メルヒェン夫妻です。「ちゃんとお嫁にいくまで」のはずが、いつのまにか想いがつのりすぎて、ご挨拶の末、お父様からも公認をいただいた旦那・刃(ジン)と嫁・瀬名子(セナコ)の夫婦漫才のような日常と、愛し合えた日々の軌跡の恋文日記。現実世界の嫁と、精神世界の旦那という、近すぎて遠すぎる哀しい距離さえも、喜びで消し去れるように。隣にいるアナタが、幸せでありますように。そんな願いのこもった、二人のブログです。

ブログ村に参加しました

気に入っていただけたら、おひとつ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドヘアアクセサリーへ
にほんブログ村

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
はじめにお読み下さい。 (2)
旦那(刃)より。 (155)
嫁(瀬名子)より。 (155)
友人より。 (12)
旦那(刃)の視点。 (11)
嫁(瀬名子)の視点。 (11)
旦那(刃)の童話。 (9)
夫妻のおしゃべり。 (4)
お父様について。 (1)
バトンをやってみる (9)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。