鈴木メルヒェン夫妻の恋文

触れ合えない、抱き合えない。 それでも、夫婦やってます。 現実世界を生きる妻と、 精神世界に生きる旦那の 見えない絆とラブレター。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支えあうってなんだろう。

昨日のお祭り騒ぎの疲れが残っていたのか嫁がちっとも布団から出て行かなくて、「布団が恋人なんだ(はぁと)」とか言い出したから「不倫だ!」と言い返したらキャプテン翼風に「布団はともだち!」と言い直した嫁の新品のパンツのゴム部分を破ってしまって、ソーイングセットで修理してたら一日で4箇所破っては修理していて、このパンツは一体何なんだと今更ながら疑問に思い始めた旦那です(前置きが長い)。
なんかこう・・・やっぱ、男なんで洋式トイレとか座った時に足広げちゃってそれで4回パンツ破りました。
嫁に「足を開くな!」と3回目くらいのときに言われたはずなのにまだ破りました。
最初はどうしてくれるんだ的に言われたので「大丈夫だ!おれが縫ってやる、脱げ!」っていって恥ずかしがる嫁の反対を押しのけて縫ってたんですけど、3回目ともなると嫁に「縫え。」って言われるようになって、夫婦ってだんだんドライになってくもんなんだなぁー・・・とか無駄に実感した日でした。


嫁がこないだ閉店セールで買ってきた薔薇ボアの生地があったので、それでシュシュを作りました。
薔薇ボア生地でシュシュを作ってみた。
柔らかい生地なのでとても縫いやすくて、さくさく縫えました。
けど、最後の繋ぎの段階でちょっと難しいな、って思ったんですけど、同じようなピンクの糸で縫ってたんですけどフワフワなせいでどこを縫ったのか縫い目が見えなくて。まあよく言えば縫い目が目立たなくていいんですけど、どこから縫い始めてどこまで縫ったのかまったく見えなくて、最後まで縫えたか不明のまま完成しました。

ま、でもこれだけじゃただのシュシュだなーと思ったので、連結可能な同じ生地のヘアゴムも作ってみました。
縫ってる最中に指の爪の間あたりに針が刺さって泣きそうなくらい痛かったですが・・・!
シュシュとリボンのセット。
これでワンセットです。
けっこう生地を贅沢に使用してるので大きいんですよ。
それを繋げるとこんなふうになるんです。
取り外し可能なので用途いろいろリボンシュシュ
今度千里が出るイベントで売る予定なんですけど、「市販のだとけっこうする」って雑貨屋に勤めている千里の友人に言われたんですけど、ウチはまあ手作りだしおれまだ下手くそなのであんまし高くは売らないです。これに詩もつけたのですが後日イラスト付でまた紹介したいなあと思っています。




それと、昨晩千里を待たせてしまったおれからの返事を。


拝啓 鈴木メルヒェン瀬名子/千里様

本当に今日は手紙を綴る手が冷たくて、暖房も我慢して作業している貴女の指を早く暖めてあげたいです。

今日は鈴木家の皆で歌って、あらためて自分が「鈴木家」という「家族」の一員であることを再認識できた気がしました。
採点勝負では惜しくも百合に負けてしまいましたが、八人全員で思い切りハメを外せて、楽しかったです。
はしゃぎすぎて、作業は休みになりましたが・・・。

おれも、気がつけば貴女のパジャマがだんだんと分厚くなったり、肌の手入れが大変になったりと、変わった事だらけの最近でした。
けれど全て、苦にならないし貴女の肌がもっと柔らかく手触り良くなるのならと思うと、自然と手入れが行き届いていくものなんですね。

「嫁さんの中」という特殊な場所で生きている旦那だし、貴女にとっては心の目でしか見えない人間で、他人には見えもしないおれですが、自分がここに存在していた証を残したい限り、貴女に手紙を、恋文を綴り続けると思います。
それが「愛の証」だから。

    鈴木メルヒェン刃

  二〇一〇年十一月二十六日

                 敬具

2010年11月26日 旦那から嫁へ

以前、千里の友人に「支えあうってなんだろう」って自問自答しながら送ったメールの中で、

「支えあうことなんて、みっともなくていい」

って書いたんですけど、実際のところ、どうなんだろう。

家族の絆、友達との絆、恋人との絆、夫婦の絆。


結局のところ、他人同士がひとつになるっていうのは無理なわけで。
だとしたら、自分らしく生きながら誰かを支える術を模索するしかなくって。

だから離婚とか、どうしてもあるものだとは思ってる。

けど、「性格の不一致」って、理由になるのかな。
他人同士なんだから、違って当たり前だと思うんだけど。
むしろ同じだったら同じで喧嘩になることもあるんじゃないかな。

それが「悪い」と決め付けるわけじゃないけれど、もうちょっと細かく「何がどう駄目だったのか」を明確にしないと、答えになってない気がする。

違うもの同士だからこそ共存する世界で生きてると、そんなこと思ったりします。



嫁さんにさっきのシュシュのとき半端に出た布で、ちょっと小ぶりなリボンのヘアゴム作って「あげる」つってプレゼントしたんだけど、興味深そうにひっくり返したりしながら見てて、そのしぐさとかがなんだか可愛いなって思った。おれが女っぽい趣味してるから、なんかちょっと男くさい性格の嫁さんの男くさいしぐさとか、変に可愛かったりする。基本的に千里は趣味から何から男っぽいので。好きなゲームがウイイレなので。エキシビションしかやんないで選手のエディットばっかりしてるのはちょっと本来の遊び方とは違う気がするけど。

そんな、男から見たらあんまり可愛げないかもしれない嫁さんの可愛いとこ探ししてると、毎日いろんな発見があって、ちょっと夫婦楽しくなってきました。


鈴木メルヒェン刃(旦那)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senako0402gin.blog137.fc2.com/tb.php/40-c0be27a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

まとめ

プロフィール

鈴木メルヒェン刃・瀬名子

Author:鈴木メルヒェン刃・瀬名子
鈴木メルヒェン夫妻です。「ちゃんとお嫁にいくまで」のはずが、いつのまにか想いがつのりすぎて、ご挨拶の末、お父様からも公認をいただいた旦那・刃(ジン)と嫁・瀬名子(セナコ)の夫婦漫才のような日常と、愛し合えた日々の軌跡の恋文日記。現実世界の嫁と、精神世界の旦那という、近すぎて遠すぎる哀しい距離さえも、喜びで消し去れるように。隣にいるアナタが、幸せでありますように。そんな願いのこもった、二人のブログです。

ブログ村に参加しました

気に入っていただけたら、おひとつ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドヘアアクセサリーへ
にほんブログ村

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
はじめにお読み下さい。 (2)
旦那(刃)より。 (155)
嫁(瀬名子)より。 (155)
友人より。 (12)
旦那(刃)の視点。 (11)
嫁(瀬名子)の視点。 (11)
旦那(刃)の童話。 (9)
夫妻のおしゃべり。 (4)
お父様について。 (1)
バトンをやってみる (9)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。