鈴木メルヒェン夫妻の恋文

触れ合えない、抱き合えない。 それでも、夫婦やってます。 現実世界を生きる妻と、 精神世界に生きる旦那の 見えない絆とラブレター。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットロスからの立ち直りを信じて。

どうしても飼い猫の死から立ち直れず、嫁が食事を摂れなくなって、少し危ない状態になってきたので、何でもいいのでどうにか食べさせようと色々探し回っていた鈴木メルヒェン旦那の刃です。
2日か3日後にイベントを控えた状態で、何も食べないまま準備に奔走したら、当日を待たずに倒れてしまう。
そう思ったので、ほんの少しでも慣れさせるために、作戦を練ったんです。

昨日紹介したお菓子袋の残りなんですが、五円チョコが10枚ほど残ってまして。
冷蔵庫からそれ持ってきて、食べるかな?と思って嫁に渡したんですけど。

旦那「五円たべる?」

嫁「これどっから取ってきた?」
旦那「冷蔵庫から」
嫁「余りか!なら食べる!」
旦那「いくら食べたい?」
嫁「うーん、10円でいいや」
旦那「じゃあもう1枚持ってくるね」

駄菓子好きの嫁が乗った。←
すいません騙してるわけじゃないんですこうでもしないと食べないんです本当に!!!
結局五円チョコを10円分(2枚)食べた嫁。
胃にはそんなによくないかもしれませんが、チョコレートは炭水化物も脂質も多いので、小さくて食べやすくて栄養がとれるっていったらやっぱりこれかなと思ったので。
本当はもっと食べてくれると思ったんですけど、10円でいいって。
それ以上を無理矢理詰め込ませて吐いたりしちゃうと、よけしか体力削られてしまうので、それでよかったんだと思いたいです。
それでお腹いっぱいになったらしく、大人しく寝てくれましたけどね。

お昼ごろ起きて、一旦チョコレートを入れて胃も目が覚めたのか、なんか消化のいいもの食べたいと嫁が言い出したので、お母様に卵がゆを作ってもらいました。
昨日はお母様も憔悴しきっていて、見てるのも辛いからって避けてたんですけど、今日は少し元気になったのかな?と思えるくらいでした。
卵がゆは嫁の好物なので(ご飯だけの白いおかゆが嫌いな嫁でして)ゆっくりではありますがよく噛み砕いて食べてました。お茶碗一杯食べてくれただけでも、昨日に比べたらすごい進歩だなと。


食べてから少し消化されるのを待って、それから作業をしてました。
せっかく食べれたので、また吐いたら一から出直しになってしまいますし。
幸い、きちんと胃が受け止めてくれたらしく、もどしたりせずに作業に移れました。

4ページ漫画の最後のページも終わり、パソコンでの編集もそんなにしなくてよかったので、ペーパーの中身を地道に作りました。お母様が「印刷行くなら夜でもいいよ」と言ってくれたのもあって、嫁が「中身だけでも今日のうちに上げよう」と言って書いてたので。


夕飯は普通の白米だったので大丈夫だろうかと心配してましたけど、芋とか卵とか消化のいいメニューにしてもらってたので、白米もお茶碗に一杯、食べ切ってくれました。
何より食べないのが心配だったので。
作業のほかに食べることくらいしか楽しみにしてないはずの嫁が何も食べられないっていうのが、正直傍で見てる身としては可哀想で。
本当、食べてくれるなら何でも良くて、遊びながら食べてくれそうなものがあればと思ってて五円チョコにしたんですけど、あれは正解だったみたいです。
袋の内側に色々「ご縁」についてのアドバイスが書いてあるので、それを袋を開いて熱心に見てた嫁を見たら、すごく安心できました。

夜は中身の分だけでもとラストスパートをかけて、中身だけコンビニに刷りにいきました。
毎度毎度イベント前にコンビニのA3用紙を切らしに行く鈴木メルヒェン夫妻ですこんばんは、と。
今日も見事に切れて店員さんこっちです用紙が切れましたと呼ぶハメに。
毎回同じ店を襲撃すると申し訳ないので毎回違う店に行ってます。
今日はセブンだったから今度はファミマあたりまでいってみよう。
けど紙の質はローソンが好みだったりします。セブンも好きだけど。

まあ紙の質なんていいんです白と黒で文字が出てればそれで(笑)。
A3で100枚刷ってきました。白黒で1枚10円といえど100枚すれば1000円ですから。
2011年7月31日の大牟田イベントで配布するペーパーの中身。また製本作業が!
セナコ屋ペーパーの花形といえる2ページ目、いつもはメンバー紹介なのですが、今回合併号なのと、嫁と映理子の希望もあり、新聞でいえば一面扱いのこの場所に猫の追悼ページを持ってきました。
イベントでも本当にいろんな方とこの猫で盛り上がったり、ポストカードを購入していただいた方も多くいたりで、やはり今回一面に持ってくるべきはこのことだろうと。
逆に今回メンバー紹介は裏表紙という、テレビ欄の位置に送られたのでした。
まだ表面ができてませんので明日表紙だけ刷りに行く予定です。
どうにか滑り込めたというか。今少しずつ製本準備中です。
2011年7月31日の大牟田イベントで配布のペーパー中身見本。猫については一面扱いで2ページ目に掲載。
ペーパーはだいたいいつも中身が8ページなのですが、今回6ページで話が進んでました。
でも猫の急逝があり、嫁が追い込みの時期に動けそうにないということで、急遽なでしこジャパンの優勝記念本をペーパーに放り込んだらちょうどキリよく8ページになったと。

そういえばイベント2日前に公開と言っていたイラストオークションの切り絵なのですがこちらです。
額に入ってるのは金の画用紙にラミネートで接着された切り絵の原画です。
嫁作・丸額入り切り絵。メルとエリーザベトの再会を描いた1枚。
最初、額にガラスが入ってて危ないなと思って、原画入れて押さえたら見事にヒビったので、ガラスのかわりにラミネートしてあります。切り絵原画なので実際は左右反転の状態で切ったものです。
しかし出品時に作品名を「Märchen」と書くとペンネームの「鈴木メルヒェン瀬名子」がかぶるので「鈴木セナコ」か作品名を「イドへ至る森へ至るイド」にするか迷っている嫁(笑)。

そもそもなんで鈴木「メルヒェン」夫妻になったかというとですが・・・
結婚前にその「イドへ至る森へ至るイド」が身内で流行ってまして、おれが縫い物に興味あるっていうのが判明して、嫁に「こんなのどうかな」とか色々案を出してたんですけど、それがなんかオトメチックな感じというか・・・だったと言われてまして、メンバーの
鈴木映理子がやや引きながらボソッと呟いたんです。

「メルヒェン・・・!」

と。

その日からおれのあだ名が「メルヒェン」になって、嫁(結婚前)からも「おいメルヒェン」とか呼ばれてて、そのまま結婚時にミドルネームになってしまったという経緯がありました。

言われてみればお人形の服も仕立てたりで「メルヒェン」なことやってますね(笑)。
しょうがない、もう。縫い物好きですから。明日間に合えば嫁の服の追い込みかけれます。
実はまだ後ろファスナーを縫い付けていないしとかメチャクチャな状態で放置してるので、間に合わなかったら葡萄色マキシワンピだそうです。

まあ今回間に合わなくても特に予告もしてなかったので、なるべく涼しい格好をしていってくれればいいですから。当日暑そうですし。




本当に「その日」にも返事を書いてくれた嫁なのですが、立ち直ろうと焦ってないか心配になったので、昨晩の恋文にもそのことについて触れておきました。
いつもより少し厳しい言い方だったかなと思って心配してましたが・・・案の定嫁が泣いたので「うわーっやっちまった」と思ったんですけど、「ありがとう」って言われたので何で泣かれたのか逆に知りたかったです(鈍感)。



拝啓 鈴木メルヒェン瀬名子/千里様

立ち直れることくらい、おれには分かっています。ただ、まだそんな話をするには早すぎるだけなんです。
貴女が急ぎすぎるから、周りを置いてけぼりにしてしまいますよ。

急ぐことはないんです。ゆっくり思い出としてあげて、家族で見送れたことを幸せと取ってあげないと、猫のほうも寂しがってしまいますし。
これは無理に急ぐ問題とは違います。
ゆっくりでいいんです。ゆっくりで。

仕事人間な貴女を責めているのではなく、ちゃんと今、貴女の身に起こっている事を受け止めないと、昨日から食事もまともに摂っていないでしょう?夜だって、一人では眠れないでしょう?
そんな時のためにいるおれたちに、もう少し頼ってくれていいんです。
貴女一人の悲しみでは、決してないので。

泣くななんて残酷な事は言いません。
泣かれて嫌うなら、夫婦にはなりませんでしたよ。


     鈴木メルヒェン刃


  二〇一一年七月二十八日

                敬具

2011年7月28日 旦那から嫁へ


今はリビングの片隅に、小さくお供えをしています。
1階リビングの猫の簡易仏壇。遺影になってる写真は嫁が数年前撮影したもの。
昔、嫁がデジカメで撮った写真があって、「綺麗に撮れてる」、と両親もその写真を気に入っていたから、ということで、遺影として飾られています。

でもたまに生け花が勝手に動いているらしいです。
昔からこの猫が、花瓶に花を入れて置いておくと、なぜか綺麗に横に広げられていたとかで。
落とすでもなく、ギリギリ入ってるかどうかの状態に毎回動かしてあったと。
それで今日見たら、まっすぐ生けたはずの花が横にわっさーと広がっていて・・・・・・

「こうじゃねえよ、ったくもーっ」
っていうのがなんか聞こえてきそうでした。
また真っ直ぐ生けたら、来るかな。
まだいるんだろうな。きっと。

部屋もたまに開け放しておくから、遊びにおいでね。





鈴木メルヒェン刃(旦那)
スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senako0402gin.blog137.fc2.com/tb.php/331-e84c6876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

まとめ

プロフィール

鈴木メルヒェン刃・瀬名子

Author:鈴木メルヒェン刃・瀬名子
鈴木メルヒェン夫妻です。「ちゃんとお嫁にいくまで」のはずが、いつのまにか想いがつのりすぎて、ご挨拶の末、お父様からも公認をいただいた旦那・刃(ジン)と嫁・瀬名子(セナコ)の夫婦漫才のような日常と、愛し合えた日々の軌跡の恋文日記。現実世界の嫁と、精神世界の旦那という、近すぎて遠すぎる哀しい距離さえも、喜びで消し去れるように。隣にいるアナタが、幸せでありますように。そんな願いのこもった、二人のブログです。

ブログ村に参加しました

気に入っていただけたら、おひとつ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドヘアアクセサリーへ
にほんブログ村

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
はじめにお読み下さい。 (2)
旦那(刃)より。 (155)
嫁(瀬名子)より。 (155)
友人より。 (12)
旦那(刃)の視点。 (11)
嫁(瀬名子)の視点。 (11)
旦那(刃)の童話。 (9)
夫妻のおしゃべり。 (4)
お父様について。 (1)
バトンをやってみる (9)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。