鈴木メルヒェン夫妻の恋文

触れ合えない、抱き合えない。 それでも、夫婦やってます。 現実世界を生きる妻と、 精神世界に生きる旦那の 見えない絆とラブレター。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫁の母校の恩師紹介と、失敗作からネグリジェが?

旦那がしくじったワンピースが見事にネグリジェとして
返り咲いたというか、着やすくて好きです。というわけで
こんばんは、メルヒェン嫁の瀬名子です。

こんな感じに普通にパジャマ感覚で着てます。
嫁用ネグリジェ・着用例。袖部分はゆったりパフスリーブで締め付けないデザイン。
この嫁でさえだぼっだぼのデザインなので、おそらく
規格でいうと5Lくらいまで対応のネグリジェです。
そもそもゆったりでナンボのようなものなので私はこれ
好きです。動きやすいし。1枚で済むので楽で良い。
毎年、夏はロンT1枚とかしか着ないのでこういうのは
欲しかったかも。袖はゆるーいパフスリーブになってます。
嫁用ネグリジェ・袖部分縫いました。寝間着には丁度良い・・・!
袖ゴムはお情け程度に伸びます。(お情け程度なのでほんの少し)。

さて旦那さんがキルティングに目覚めたというか・・・
そもそもキルティングってどうやるのだろうとか
基礎すら知らずに飛び込む旦那。
毎度の事なので止めもしない嫁。


旦那「キルティングってどうやるんだろうね!」
嫁「知らねぇけどやってみれー」
旦那「うん、やってみるー!」

やれば、わかる。(あたりまえ)

だいたいのイメージでやってみる旦那。
手縫いなのでなみ縫い+なみ縫いで線を作る。
旦那作・キルティング練習1枚目・・・本当は白無地がよかったのだけど。
ちなみに柄布でやってますが、旦那いわく白の生地が
よかったそうですがあとで生地発見されたので作り直す
予定だとか。それならついでにネグリジェの裾も
縫って欲しい。
縫う前から着るないう話ですが。

あと、昨日のアルバム用のシルエットを恋文の封筒にも
あしらってみました。この程度の技術はいつでもできる(笑)。
恋文の封筒にワンポイントをあしらってみる。これは嫁用。旦那用もある。
これは嫁用で旦那用も別に作ってあったりします。




さてさてそういえば私があれだこれだといいながら
先延ばしになってた恩師紹介の旅でございますが、
今日は高校時代の担任の先生を紹介いたします。

縁があったのか、高1で担任になったのをはじめに
私にとっては高校3年間ずっと担任だった大瀧先生。
嫁の母校の恩師・大瀧先生。偶然にも、高校3年間ずっと担任でした!
現在も高校生の担任を持っておられるそうです!

大瀧先生にはなんだか一番多大なご迷惑をおかけした
生徒だったというか、担任として非常に苦労させてしまった
先生だったと認識しております。学生時代はどうしようも
ないほど病弱で、今のようにこんな毎日元気な長文なんて
綴れないで、このまま死ぬんじゃないかと自分でも心配して
いたくらいボロボロだった時期でもありましたが。

そんな時期も辛抱強く支えてくださり、個人面談も
しましたし、三者面談もしましたし、いっぱい迷惑
かけたにもかかわらず、卒業式の日には、最後のHRで
友人と歌を披露する機会まで設けてくださった先生です。

そういえば、先生のお誕生日の11月14日には、
クラスの子が大きなケーキを作ってきて、クラスみんなで
食べました。校長先生にはくれぐれも内密でと言って
高3のときに先生の誕生会を開いたのも覚えています。

私もそのとき今みたいに元気だったら、もっと色々
出来たのだろうけれど、在学中にできなかったのが
とても残念です。今在学中だったらクッキーくらいは
こっそり焼いてきたのになぁ。そのくらい生徒思いの
熱血教師!っていうイメージが強かった先生です。

それだけ生徒思いだからこそ、生徒も応えるわけであって、
皆に慕われていた先生だったという記憶も強く残ってます。

そういう先生に恵まれたからこその、この学校での
「卒業生」なのかもしれないな、とも思いました。

今ではすっかり大島美幸のような嫁に。
鈴木おさむのような旦那夫婦漫才する日々。

先生の教え子はとても元気にしております、ご心配なく・・・!
(一番哀しいパターンの元気にしてますですが!)

むしろ元気で申し訳ない。
もうちょっと申し訳の立つ元気になりたいですわ。


そんな旦那さんと毎日恋文を綴って、すっかり奥さんと
いうかになっている私・・・あれから5年くらいしか
経ってないはずなのに。ああ恐ろしい。

けどやっぱ教え子が「元気に幸せ」ならそのほうがいいのかなぁ。
先生になったことがないからわからないけれども。
そんなわけで昨晩も旦那さんに恋文を綴ったのでした。



拝啓 鈴木刃様

一〇一通目ですが、あまりいつもと変わりない日々なので、
ありのままに綴りたいと思います。

今日はアルバム作りをやってみましたが、意外と時間が
かかるもので、未だ完成が見えませんが、旅の記録と
いうか、せっかくの楽しい思い出ですから、大事に
綴って、いつでも読み返せるようにしたいです。

そういえば、あなたがキルティングに興味があると
言っていたのでキルト芯を買ってきましたが、私は
キルトに関しては全くの初心者ですし、あなたもそうだと
思うので、見守るしかないのですが・・・。

手紙というのは、ずっと残るものですから、昨今で
いうメールのように、すぐに消えるものではなく、
十年、二十年と残せるものです。一通一通を大切に
したためたいですよね。


   ――千里/鈴木メルヒェン瀬名子

  二〇一一年五月二四日

               敬具

2011年5月24日 嫁から旦那へ。

たった数年でこんなに変わる人間も珍しいけれど。
今はしっかり幸せの地盤を固めてる時期ですね。
そういう時期に先生方に会いにいけてよかった。
胸を張れる自分であってよかったと思っています。

また機会を見つけて、大瀧先生ともじっくりお話したいです。

公立では絶対なかったようなことも私立ではあるんですよね。
思い返せば、学校生活っていうのも捨てたものではなかったな。
もっとじっくり楽しめばよかったのに、しくじったなー。

これからは、時間を無駄にしない人生にしたいですね。





おまけ。


旦那「腕が痛い・・・」
嫁「悪い、腱鞘炎悪化させた。


最近の主な持病は腱鞘炎と不眠症。





鈴木メルヒェン瀬名子(嫁)。
スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senako0402gin.blog137.fc2.com/tb.php/264-96a27223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

まとめ

プロフィール

鈴木メルヒェン刃・瀬名子

Author:鈴木メルヒェン刃・瀬名子
鈴木メルヒェン夫妻です。「ちゃんとお嫁にいくまで」のはずが、いつのまにか想いがつのりすぎて、ご挨拶の末、お父様からも公認をいただいた旦那・刃(ジン)と嫁・瀬名子(セナコ)の夫婦漫才のような日常と、愛し合えた日々の軌跡の恋文日記。現実世界の嫁と、精神世界の旦那という、近すぎて遠すぎる哀しい距離さえも、喜びで消し去れるように。隣にいるアナタが、幸せでありますように。そんな願いのこもった、二人のブログです。

ブログ村に参加しました

気に入っていただけたら、おひとつ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドヘアアクセサリーへ
にほんブログ村

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
はじめにお読み下さい。 (2)
旦那(刃)より。 (155)
嫁(瀬名子)より。 (155)
友人より。 (12)
旦那(刃)の視点。 (11)
嫁(瀬名子)の視点。 (11)
旦那(刃)の童話。 (9)
夫妻のおしゃべり。 (4)
お父様について。 (1)
バトンをやってみる (9)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。