鈴木メルヒェン夫妻の恋文

触れ合えない、抱き合えない。 それでも、夫婦やってます。 現実世界を生きる妻と、 精神世界に生きる旦那の 見えない絆とラブレター。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々のシュシュづくりと、半年歩んで、五十歩百歩。

朝方、あのまま旦那さんの縫い物にとことん付き合わされた
メルヒェン嫁の瀬名子です、いまだ寝てないんですけど・・・!

ひたすらシュシュづくりに奮闘する旦那。
お前はミシンか、と本気で思うくらいの手縫い。
なるほどー音がしないタイプのミシンなのねと思うくらいに。

裁断済みだった更紗生地のシュシュ第二号も完成。
旦那作・更紗生地シュシュ2号。こちらは赤紫のアジアン柄。
色もおとなしくて、柄もピシッと決まっていて、それでいて
シンプルなままでも全然飾りつきに引けをとらない存在感。
だから更紗は良いんだよなぁ・・・としみじみ思うのです。

さらにこの間スカートにしたギンガムチェック布の残りで
まずシュシュを。ちょっとだけ透け感のある布で、たまぁに
内側に入れてあるゴムが透けるところがなんともキュート。
旦那作・ギンガムチェック柄シュシュ。セパレート式でヘアゴムも製作。

このシュシュには同柄で、綿入りのリボンヘアゴムも作ったら
結びつければリボン付シュシュに。もちろんヘアゴム部分は
取り外し可能なので、別々にも使えるスグレモノです。
旦那作・ギンガムチェック柄セパレート式シュシュ。リボンヘアゴムは取り外し可能。
生地がとても柔らかいので、くたっとした時もまた良い。

もうひとつ裁断してそのまんまでだいぶ長い事放置されていた
無地のちりめんもシュシュの形に。これはリボンをつけようか
どうしようか迷いましたが、敢えてシンプルな形のまま。
大人な抑え目ピンクがシンプルに映えるシュシュです。
旦那作・本ちりめん無地シュシュ。大人っぽく可愛いシンプル。
ちりめん生地は、触るとすごくよくわかるけれど、つけごこちも
とても爽やか。やはり夏向けの品だなぁと思いますね。

そういえばちりめんといえば、ヘアゴム用に裁断していた
花柄もあったなということで、これはパッチンどめに。
カチューシャとかヘアゴムとかが鬱陶しいなという方には
こちらがおすすめ。裏にパッチンどめがついているので、
ワンタッチでリボンがつけられるというお手軽さ。
旦那作・花柄プリントちりめんのリボンぱっちん止め。綿入りリボンでふんわり。
あれ、なんか目の錯覚に見えてきたのだけれど
私の手ってちいさいね?
よく「手が幼い」と言われます。長い指に憧れるのだけれど・・・。


そんな旦那さんとこんなどうでもいい会話に発展したクシャミ。

嫁「へぶし

旦那「なんつー女っ気のないクシャミ・・・」
嫁「ぶへ。」
旦那「何だヘブシって」
嫁「クシャミの発音なんか構ってられるかいね」
旦那「もうちょっと可愛いクシャミはできんのかいね」
嫁「言ったな!お前やってみろペプシってゆってみろ!」
旦那「ああ言ってやるよできるよPEPSIでもコカコーラでも!」
嫁「自分で難易度あげてやんのー!やってみろー!」

なんてレベルの低い夫婦。

旦那のクシャミ待ちなんぞに時間費やすのももったいないので
その間にメンバーの
鈴木映理子に仕事を託す。

映理子さんがファッションデザインのようなイラストを
描きたがったので、それを集めて画集のようにしないかと
いう案が出て可決。タイトルは即決。

嫁「タイトルどうするよ」

映理子「パリコレっぽくこう、エリコレ。とか」
嫁「異議なし。可決。」

それでその、エリコレ。製作中なのですが。
丸ペンでカリカリと細い線を描くあたりが映理子クオリティ。

鈴木映理子監修・ファッションデザイン画集「エリコレ。」第一集製作開始。

しかし流れるBGMというのはこれまた・・・


映理子「やっぱアニソンは'90年代に限るっすね

抗えない華の高1昭和62年生。
平成についていけない世代がやはりここにもいたか・・・!

平成についていけない世代。
※鈴木メルヒェン夫妻=昭和63年生まれ。

ついていけない世代。

ついていけま・・・せん。


だからこそかもしれませんが、鈴木メルヒェン夫妻の恋文の
日々のラブレターは全て直筆なのですよね。
デジタルにごまかされないでいたいところです。

結婚半年の記念日に、嫁から旦那様へです。



拝啓 鈴木刃様

今日で結婚から半年、あなたと歩んできた半年は、人生で最も
長く素晴らしい半年でした。

同時に、まだあなたとの日々を歩んでいきたい、明日も
あなたからの恋文を待ちたい、そう思いました。

漫画のほうは、もうジャンルなどは気にせず筆のおもむく
ままに描いて良いですよ。ストーリーのほうも、まだ
概要を説明されただけですが、とても興味をひかれました。
出来る限り手伝いますよ。

たった半年でこれだけの愛を築けること、正直驚いています。
しかし、あなたの情熱も、私の想いも冷めることを知らず、
今日もまた恋文を綴らずにはいられませんでした。

あなたが私を愛してくれる限り、私もあなたに
愛の限りを尽くしたいです。

 愛しい旦那様へ。


    ――千里/鈴木メルヒェン瀬名子

  二〇一一年五月四日

                敬具

2011年5月4日 嫁から旦那へ。

長い半年でありながら、充実した半年。
そしてまだこれからも、続いていける気がする日々。
頑張れるかな。とか、いけるところまでいこうね、とか。
色んな思いが交錯しながらも、やっぱり根源にあるのは
パートナーを愛しく想う気持ち。それだけで充分なのかも
しれないな、と思った嫁なのでありました。




が。

おまけ。


旦那「・・・あ」
嫁「どうした」
旦那「ぇえへぶし
嫁「だから言ったじゃんどうせクシャミはそうなるって」
旦那「ちっくしょー!」


もう少しレベルの高い争いができないのかが心配です。




鈴木メルヒェン瀬名子(嫁)。
スポンサーサイト

テーマ:私のハンドメイド報告 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senako0402gin.blog137.fc2.com/tb.php/242-529e2605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

まとめ

プロフィール

鈴木メルヒェン刃・瀬名子

Author:鈴木メルヒェン刃・瀬名子
鈴木メルヒェン夫妻です。「ちゃんとお嫁にいくまで」のはずが、いつのまにか想いがつのりすぎて、ご挨拶の末、お父様からも公認をいただいた旦那・刃(ジン)と嫁・瀬名子(セナコ)の夫婦漫才のような日常と、愛し合えた日々の軌跡の恋文日記。現実世界の嫁と、精神世界の旦那という、近すぎて遠すぎる哀しい距離さえも、喜びで消し去れるように。隣にいるアナタが、幸せでありますように。そんな願いのこもった、二人のブログです。

ブログ村に参加しました

気に入っていただけたら、おひとつ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドヘアアクセサリーへ
にほんブログ村

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
はじめにお読み下さい。 (2)
旦那(刃)より。 (155)
嫁(瀬名子)より。 (155)
友人より。 (12)
旦那(刃)の視点。 (11)
嫁(瀬名子)の視点。 (11)
旦那(刃)の童話。 (9)
夫妻のおしゃべり。 (4)
お父様について。 (1)
バトンをやってみる (9)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。