鈴木メルヒェン夫妻の恋文

触れ合えない、抱き合えない。 それでも、夫婦やってます。 現実世界を生きる妻と、 精神世界に生きる旦那の 見えない絆とラブレター。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな時だからこそ、いつもと同じように。

あんまり私達まで騒いじゃうと逆に皆さんの不安を煽って
しまうような気がしたので、敢えていつも通りの日記で
こんばんは、メルヒェン嫁の瀬名子です!
とはいえまずひとつだけ言わせていただきたいのです。

この度、地震で被災された方々には、お見舞い申し上げると
ともに、亡くなられた方には心からご冥福をお祈りいたします。

天災にはどうしても勝てない人間のちっぽけさを感じました。
でも、そこから立ち上がれるのも、人間なのだと思います。
日本中が助け合いながら、人と人との輪が繋がっていけばと。


さて熊本よりお伝えしておりますメルヒェン夫妻の恋文ですが
こちらは本日予定されていた新幹線の全線開通イベントが軒並み
中止ということで、しんみりとしております。外に出ても、
ものすごくしんみり。皆元気がないです。当たり前だけど。

私も今、父が千葉県にいるだけでもとても心配です。
できることなら家に帰ってきて欲しいと思っています。
まだ私と直接の連絡はとっていません。緊急ダイヤルが
繋がるためには、こういった連絡はあまりしないほうが
いいようなので、しないでいるのですが、実際はきちんと
言葉を交わして安否を確認したい、現状を確認したいと
思う気持ちがあります。けれどここは我慢して、今本当に
必要な連絡がある方が、それができる環境にすべきだと
思うので、私の方から父への連絡というのは避けています。

日常としては、とても普通なのです。
普通にスーパーへ行き、食料品を買ったりですから。

けれどやはり「どこで起きてもおかしくない」と思うと
自分の部屋があまりにも「食糧はない」「水もない」と
いう状況だったので、備蓄のお菓子と、なるべく多く
飲料を置くなど、少しそういったことを強化しました。
ここに閉じ込められたら、水がないのでまず生き延びれ
ませんし。食べ物もなかったら、尚更ですから。
念のため、せめて500mlの飲料のペットボトルを常備する
など、私も少し防災意識を高めねばと痛感させられました。


ところでこのブログをご覧になっている方のなかで、
ペットを飼っている方というのは、どのくらいいるのでしょう。
私の自宅では、昔、外飼いの猫が沢山おり、室内では
ウサギを飼っていました。残念ながらその頃、携帯も
なく写真を撮るという習慣がなかったため、その猫たちも
ウサギも写真がないのですが、外で飼っていた猫には
いろんな猫がいましたし、ウサギは真っ白な毛で、
赤い目をしたウサギでした。そのウサギが好きだった
お菓子が、スーパーでふいに目に入ったので、買ってきて
しまいました。まあ、皆さんご存知の、このお菓子です。
昔自宅で飼ってたウサギが好きだった卵ボーロを久々に食べてみた。
卵ボーロなんですけど、よく赤ちゃんとか小さい子が
食べてるイメージのあるこれ、家で飼ってたウサギが
すごく好きで、おやつとして与えていました。
人参とか、ウサギ用のエサよりもこの卵ボーロが一番
食いつきがよかったのを今でも覚えています(笑)。

そのウサギは、残念ながら私が小学6年生のときに、
7歳でお月様に帰っていきました。けれど今でも、
ぴょんぴょんと室内を跳ね回る白いウサギのことを
よく覚えています。ペットというのは、こうして人の
心に残っていくものなのだなぁと、あの頃ウサギが
喜んで食べていたお菓子を食べて、思い出しました。


って、よけしかしんみりしちまったよ(笑)。
現在は猫を飼っています。ちょうど今年で干支が
ひとまわりした猫です。もう、じじいですね。
この猫なんですけど・・・あっ!
猫撮ろうとしたらぶれた(笑)
ぶれちゃった、カットカット!はーいカメラ目線で
おねがいしまーす、はーい撮りますよ撮りますよはーい。
猫Take2。ぶれたから撮りなおした。
はい!
こいつが犯人だ!!!!!(何)

いや、うちの猫です。はい。
子猫のときに庭でギャーギャーと鳴いていたので拾いました。
あんなところに子猫が一匹だけいるはずがないので、心ない
誰かがうちに置いていったのでしょうね。両親が保護して、
猫用のミルクを飲ませたりしているうちに・・・すくすくと育ち
今では立派なじいちゃん猫になってしまいました。うん、
そのぶん私もおばちゃんになりました。しっかしこの猫の
フォルム。皆さんどう思われますか?この毛並みですよ。
この猫、何歳に見えますか?答えはブログで!
どうでしょうか。
これで今年で12歳なのですけれど。

この猫、長生きすると思うよ(笑)。


恋文は特に何の影響も受けておらず続いております。
昨晩は私からでした。さすがに昨晩は不安になってしまったの
ですが、旦那の励ましもあり、床に就いて眠ることができました。



拝啓 鈴木刃様

今朝は風邪気味だったので、今日一日休みにしてみましたが、
ニュースを見て大変な災害が起こったことを知りました。
驚いたとともに、どこも決して安全とは限らないのだなと、
そう告げられたような気がしました。

あなたが作ってくれたドレスは、冬から春ごろのイベントには
着ていけそうなので、月末のイベントでは髪も染めて、
着こなせるようにしたいと思っています。

確かに単調な作業が続くと、どうしても飽きてしまいがちです。
そんな時に、息抜きにあなたと遊んだり、原稿とは関係のない絵を
描いたりすると、だいぶ楽になりますよ。あなたが描いている
ポストカード用のイラストも、原稿とは全く違っていて、面白いです。

できればあなたのイラストもたくさんスペースに並んだら
良いなぁと思っています。

    ――千里/鈴木メルヒェン瀬名子

  二〇一一年三月十一日

              敬具

2011年3月11日 嫁から旦那へ。
切り絵メモはこれで4枚目で最後だったので、また
新しいのを作らないとなっと思いました。
2011年3月11日 嫁から旦那へ・切り絵メッセージカード。

世界平和を目指しても、災害が起これば町はめちゃくちゃに
なってしまう。けれど、人の心は、おだやかにすることも
できる。反対に、殺気立ったりして争いが起こることもある。
どちらでもない世界を目指すのは、とても難しいこと。
けれど、誰かが心配で、そこに「心を配る」こと。
その大事さを、私はとある女性に教えられました。

「心配っていうのは、心を配るって書くでしょう」

その言葉が、とても深く、私の心に刻まれました。
今、私達夫妻にできることは、なるべく皆さんの不安を
煽ったりせず、いつも通りの夫妻の姿をお届けすること。
こんなことあったよ、とか、そんないつも通りの姿。

それがたとえ不謹慎に見えても、私達はそうします。


原稿に復帰したのですが、思った以上に進んでなくて
焦りました。そういえば原稿週間にしたはずなのに
全然描いてなくて、今日慌てて1枚だけ仕上げました。
嫁画・クリスマス漫画原稿。トーンなど使わずカケアミなどで影付けしてあります。
これから1日4枚ペースで進めないと・・・ヒーッ!
慌ただしい。結局、なんだかんだで慌ただしいメルヒェン嫁でした。





鈴木メルヒェン瀬名子(嫁)。
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

コメント

こんにちは☆

地震すごかったですΣ(°д°;)
関東大震災かと思ったくらいです。
でも、残念ながら関東大震災とは
全く無関係のプレートだったみたいです。
うぅ・・・
次は関東大震災でしょうか。。。

今回は地震の被害というより、
津波の被害が圧倒的に大きいですよね。
だって、地震で崩れた家は、
そう多くなかったですから。。。

友人の家が茨城県にあり、
今、水道も電気もダメみたいです。
トイレが全く使えなく、
不便な生活を送っています。
なので、飲料水とトイレ用の水を
前もって常備しとくと良いかもしれません!!

あとは電池不要の手巻ラジオですね!!
※懐中電灯と携帯を充電できる
やつがオススメです。

お父様のいらっしゃる千葉県も
かなり被害があったと思います。
やっぱり、こういう時こそ
直接声が聞きたいですよね。
無事でいらっしゃる事を祈っています。

いねむり姫さんへ

こんばんは、鈴木メルヒェン嫁の瀬名子です!

地震はもう想像を絶する規模で、何より津波の被害に関しては、映像を見ているだけでぞっとするほどでした。
私は数年前の福岡の地震のときに、この自宅のある地域は震度4でした。ちょうど春休みで自宅におり、起きて1階に下りてきたところで強い揺れがきて、急いでまだ出しっぱなしだった母の布団にもぐったのを覚えています。
熊本は小規模な地震(震度3くらい)がしょっちゅう発生するのですが、私はとにかく小さい地震にも敏感で、時々この地域で震度1が表示されるかされないかの地震まで感じ取ってしまい、テレビをつけると地震速報が流れていることが多かったのですが、さすがに今回の地震は遠かったこともあり、全く知らずニュースを見て初めて大変な地震だったということを知ったくらいでした。
私も千葉に友人がいたのですが、電気の復旧までだいぶかかり、カセットコンロを持ち出して庭で料理をしたと聞きました。その友人も敢えて明るく振舞い、「ピクニックみたい」なんて言って、庭で作った食事の写真を撮って載せていましたが、とても不安だったろうな、と思います。
今回、津波で水の「怖さ」を痛感したとはいえ、被災地での水の「大切さ」というのもよく感じ取れました。部屋にせめて水を1ケースくらいは用意しておかないと、ここに閉じ込められたら本当に生存は無理なので、備えは必要だなと思いました。
懐中電灯は念のため備えていますが、手回し式のものはいいなと思いました!残念ながら今部屋にあるのは手回し式のシュレッダーですが・・・ラジオとか、懐中電灯はきちんと準備しておかないと、どこで災害が起こるかわからないので、これから備える人も増えるのだろうなと思います。
父からの連絡はまだ特になく、職場の関係上、普段から携帯が繋がりにくいところにいるので、なかなかこちらから連絡するわけにもいかずというのが本音です。やはり家族のことが一番心配なので、被災地の方たちのことを思うと、心が痛みます。せめて一言、父の「大丈夫」という言葉が聞けたらいいのにな、と思っています。

登山部的防災情報とか

ワンゲル(登山)部員として、ちょっと豆知識。

登山用品というのは、ザック(登山用の大きなリュック)の限られた容量の中に非常時用のものをたくさん詰めるため、すごくコンパクトで高性能なものが多いんですね。
山での非常時に備えるための装備ですから、当然と言えば当然なんですが。

その中でも、寝袋やカッパはきちんとしまえばかなり小さくなりますし、保温性はバツグン。
(カッパにいたっては防水だけでなく、防寒具代わりにもなります。)

ヘッドライトも単三で動くものが多く、しかもそこらの懐中電灯より明るかったり。

紹介しだしたらきりがないのでこのへんで。(笑)

ともかく、登山用品店(モンベルなど)で防災用品一式が入ったザック(値段はやっぱり高いですが)が売ってますので、一度ご覧になってみては?

cielさんへ

こんばんは、鈴木メルヒェン嫁の瀬名子です!

一度、中学時代に、私の母校では中学2年生で必ず皆やる行事なのですが登山教室というのがあって、文字通り登山をする宿泊研修のようなものがあり、山頂まで上り、そして下山し、というのをやったのですが、運動神経の鈍い私は見事に先頭グループから引き離され、引率で一番後ろを歩いていた先生たちと、10人ほどで少しぬかるんだ山道を滑落でもしてるかのようにずるずるずるずるとずっこけながら、やっとの思いで下山し・・・というのを経験しました。ちなみにその翌日も別の山に登る予定で日程が組まれていましたが、私にとっては幸い、大雨が降って中止になりました。
そのとき赤い大きなリュックに、山登りに必要なものは何でも詰め込んでいたのですが、体力の補給のためにアメ玉をたくさん持っていたのを思い出しました。これも学校からの指示で持ってくるよう書いてあって持参したわけなのですが、最低限の装備の中にそれが入っていたように、我が家の災害時用の避難グッズは、その時のリュックに入れてあります。防寒グッズ(あの・・・なんだったか、NASAが開発したとかいう、銀色のシート)や、懐中電灯なども詰めてあります。
確かにカッパなどはたためば多く入りますし、ひとまとめにできて、担いで外に出られるというのは便利なので、ワンゲル部で培われたとても役に立つ情報をくださり、ありがとうございます。
まだまだ余震や、そうでない地震も続く中、離れた場所にいる家族との連絡手段として、携帯電話と充電グッズも、なるべくいつでも持っていける場所に置いておくよう、私も心がけています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senako0402gin.blog137.fc2.com/tb.php/179-54d00423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

まとめ

プロフィール

鈴木メルヒェン刃・瀬名子

Author:鈴木メルヒェン刃・瀬名子
鈴木メルヒェン夫妻です。「ちゃんとお嫁にいくまで」のはずが、いつのまにか想いがつのりすぎて、ご挨拶の末、お父様からも公認をいただいた旦那・刃(ジン)と嫁・瀬名子(セナコ)の夫婦漫才のような日常と、愛し合えた日々の軌跡の恋文日記。現実世界の嫁と、精神世界の旦那という、近すぎて遠すぎる哀しい距離さえも、喜びで消し去れるように。隣にいるアナタが、幸せでありますように。そんな願いのこもった、二人のブログです。

ブログ村に参加しました

気に入っていただけたら、おひとつ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドヘアアクセサリーへ
にほんブログ村

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
はじめにお読み下さい。 (2)
旦那(刃)より。 (155)
嫁(瀬名子)より。 (155)
友人より。 (12)
旦那(刃)の視点。 (11)
嫁(瀬名子)の視点。 (11)
旦那(刃)の童話。 (9)
夫妻のおしゃべり。 (4)
お父様について。 (1)
バトンをやってみる (9)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。