鈴木メルヒェン夫妻の恋文

触れ合えない、抱き合えない。 それでも、夫婦やってます。 現実世界を生きる妻と、 精神世界に生きる旦那の 見えない絆とラブレター。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2wayスカートがワンピースにもなる!

ついさっき、嫁が「ネイル失敗した・・・!」と落胆していたのですが、別に失敗というわけではなく、こういうネイルと割り切れば失敗ってほどでもないだろう、と思っているメルヒェン旦那の刃です。
ピンクのグラデーションにしようとしたそうなのですが、グラデーションになりきれず、分かれ目ができてしまってとのことで。これはこれで可愛いと思うのですけれど。
嫁が「失敗した」らしいピンクのグラデーションネイル。

嫁いわく「そもそもグラデーションになるための絶対的な色が不足してた」だそうです。ちなみに使用したのはこの4色で。一番右の色につながる色が薄すぎて・・・だそうです。
ピンクでグラデーションにしたかったが無理があったらしい。
誰にだって失敗くらいあるだろう、と慰めてはおきましたが、色々しんどいこと続きの嫁なので、おれもちょっと気を遣ってます。
そう見えないように振る舞ってるようだけど、本当はしんどいんだろうって思います。
でもこういうときに、「身内」はちゃんと集まるものなんですね。

昨晩も、ひどく塞ぎこんでいた嫁を、身内の
正宗(男性人格であり、この精神世界に来ておれよりも歴が浅い)が勇気づけていて。
嫁の精神世界にいるおれたち7人は、普段はいちいち全員集まることはあまりないんです。
けれど、昨晩はどういうわけか自然に集まって、泣いていた嫁の心に、ずっと寄り添っていました。
そうやって彼女の「心を支える」のが、おれたちの役目です。
嫁の「ありがとう」が、心に沁みた夜でした。


とりあえず落ち着いて眠ってくれて、昼過ぎに起きてからは、昨日2wayの春色スカートを製作していたのですが・・・思ったより丈が長くなりそうで、スカートとして普通にウエストで履いたら地面についちゃうくらいになったので、急遽1段目の下に紐を通して引き締められるようにして、ワンピースにもなるように作り変えました。

紐が通せるように、横一列に縫い目を入れてそこに紐を通すので、通す作業は嫁にやってもらいました。


嫁「ちょっと・・・ここ、狭いんじゃない・・・?」
旦那「あれ、通らない?」
嫁「頑張れば通りそう・・・なんだけど・・・うー」
旦那「紐の幅はちゃんと考えて縫ったつもりなんだけど・・・」
嫁「あ!ヘアピンだけとれちゃった、またやりなおしだぁ」
旦那「あんまし広く縫うと見栄えが悪いからなぁ・・・」
嫁「難しいなぁ」

そしてなんとか紐も通り、3段目を接続するところまで終わって今日はここまでできました。
旦那作・春色2wayスカート→ワンピース途中経過。いつのまにかワンピースになった。
紐を引き締めると、ウエスト部分がちょっとくびれた印象になるワンピースになる予定です。
1.8m(いや、おまけつきで1.9mだった)でこんな長いスカートできると思ってなかったもんで。
まだ余り布はけっこうあるので、それで肩紐と、胸元に取り外し可能なリボンを作る予定です。

取り外し可能なリボンは、普通のパッチンどめのヘアピンで作ります。
嫁と着こなしをどうするか色々話しています、デニム風のレギンスに合わせるとか、黒の七分袖と着るとか、けっこう案が出ています。せっかくなら使い道のある服にしないといけないので、明日は裏地つけたり、肩ストラップつけたりして、仕上げに入りたいと思います。

が、そろそろ嫁の原稿がピンチに入ってきたそうなので、手伝うことにしました。
嫁いわく「ネタがあるのに手が動いてくれないんだよ」とのことで、要するにスランプなんでしょうね。
精神的な不安要素も色々あるせいか、それに拍車がかかってしまっているようです。
でもそれを支えてこその旦那なので、ここはひとつ「おれに任せろ」と言ってあげられる旦那でありたいですね。


一応、嫁が身体壊さないように気をつけて作業時間を考慮しているのですが、どうも夜におれが落ち着かせようと思って安定剤を飲ませると、ちょっと多いのか「起きれなくて困る」と言われてしまいました。だけどあんまり徹夜で無理させるとすぐ身体壊すくらい病弱なので、気をつけて見守ってやりたいです。

昨晩のおれからの恋文を。


拝啓 鈴木メルヒェン瀬名子/千里様

今日も新しいスカート作りに挑んでみましたが、どうでしょうか?
春先に着られるよう頑張って作ります。

ビーズのペンダントは、送っておいてくれて助かりました。
遠くなので届くまでに時間はかかりますが、喜んでもらえたらいいなと思っています。

この頃あまり自分の手芸品を、他の人に直接手渡す機会がないのですが、郵便で届いた方からの感想を貰えると、とても嬉しいです。

まだ貴女に、作った服を外に着ていってもらった事がないので、上手くできているかな?と時々心配になりますが、洋服にしてほしい生地を真剣に選んでいる貴女を見ると、創作意欲が沸きますし、大事に作ってあげたいなと思います。

手縫いで製作をしているうちに、だんだんと縫い目が整っていくのに気付き、また貴女を彩るものを作れる幸せを感じました。


     鈴木メルヒェン刃

  二〇一一年二月二十四日

                 敬具

2011年2月24日 旦那から嫁へ。
最近作るシュシュなどはほとんど販売用なのですが、この間100均で買ったちりめん風カットクロスで作ったシュシュは、明らかに失敗作だったので、嫁が「私が貰うよ」と言って、普段作業中に髪が邪魔にならないようにと使ってくれています。
実用的な品を作りたい身としては、普段使いでこうやって使ってもらえているのを見ると、すごく嬉しいし、使えるものが作れていることがわかって安心します。
嫁の友人にも、金魚柄のシュシュを送ったのですが、「普段髪が邪魔なときに使ってます」と言ってもらえて、本当に嬉しかったし、「使いやすいです!」という言葉も本当に励みになりました。
おれの作った手芸品が、少しでもおしゃれや普段の生活の役に立って、誰かを彩って、そうして残っていけたら、じゅうぶん生きた証になるんじゃないかと思って、今日も頑張っています。

とりあえず嫁がちょっとでも元気になるように、うまくお手伝いができればいいなと思っているので、旦那としての力量の見せ所なので頑張ります。




鈴木メルヒェン刃(旦那)
スポンサーサイト

テーマ:私のハンドメイド報告 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senako0402gin.blog137.fc2.com/tb.php/162-5c4eaf6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

まとめ

プロフィール

鈴木メルヒェン刃・瀬名子

Author:鈴木メルヒェン刃・瀬名子
鈴木メルヒェン夫妻です。「ちゃんとお嫁にいくまで」のはずが、いつのまにか想いがつのりすぎて、ご挨拶の末、お父様からも公認をいただいた旦那・刃(ジン)と嫁・瀬名子(セナコ)の夫婦漫才のような日常と、愛し合えた日々の軌跡の恋文日記。現実世界の嫁と、精神世界の旦那という、近すぎて遠すぎる哀しい距離さえも、喜びで消し去れるように。隣にいるアナタが、幸せでありますように。そんな願いのこもった、二人のブログです。

ブログ村に参加しました

気に入っていただけたら、おひとつ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドヘアアクセサリーへ
にほんブログ村

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
はじめにお読み下さい。 (2)
旦那(刃)より。 (155)
嫁(瀬名子)より。 (155)
友人より。 (12)
旦那(刃)の視点。 (11)
嫁(瀬名子)の視点。 (11)
旦那(刃)の童話。 (9)
夫妻のおしゃべり。 (4)
お父様について。 (1)
バトンをやってみる (9)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。