鈴木メルヒェン夫妻の恋文

触れ合えない、抱き合えない。 それでも、夫婦やってます。 現実世界を生きる妻と、 精神世界に生きる旦那の 見えない絆とラブレター。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦那様の愛のエリーザベト嬢ドレス。

夜中の寒い部屋で、旦那さん力作のコスプレ衣装の作りかけを
「とりあえず着てる状態見たいから着てみて」といわれたので
着てみたメルヒェン嫁の瀬名子です。着替えは寒かったけど
衣装があったかいのでそんなに寒くありませんでした。
むしろ会場行ったら暑いかもと思ったくらいでした。

着てみたんですけど、さすがオーダーメイドみたいな
もんなので、着心地は抜群でした。スカートとか普段
無理なサイズを必死に穿いて「きつっ!」とか思って
いるのですが、今回はそんなこともなく、すっと入って
立っても座ってもラクなので、作ってもらってよかったぁ。

そして全身像だとこんな感じ。ドレスの幅+私の幅の
せいで鏡に半分しかおさまれない悲劇だったのですが
それっぽいポーズをとってみたりです。ふんわりと。
旦那作エリーザベトドレスを着てみて悪ノリする嫁その1
これを見た旦那がポツリとこんなことを言いました。


旦那「エリーザベトはおっぱいそんなに大きくないよね・・・」

完ッッ璧に一番痛い感じに墓穴掘ったという。
けどなんかこの衣装すっげ気に入りました。こういうの
小さい頃から着たことなくて、っていうか小さい頃から
まわりの子より飛びぬけて大きくて、アニメとかの
なりきりセットとか絶対入らない女の子だったので、
今になって作れるっていうのは本当嬉しいですね!

さらに悪ふざけしたりとかで写真撮ったりです。
旦那作エリーザベトドレスを着てみて悪ノリする嫁その2
親にも見せてみたら、「あ、こういうお洋服だったのね!」って
言ってました、ずーっとコスプレって言ってたんですけど
イマイチわかんない的な顔されてましたが、この写真を
見た瞬間「ああー!」って感じに納得してました。

滅多に褒めない母が「あら可愛く映っちゃって(笑)」とか
言ってたんで、旦那さんもにまにましとりました。

まだ前の部分の細かいボタンとかできていないので、
そこは地道に旦那がやっていくそうなので、楽しみに
しつつここに掲載していこうと思っています。まだその
ボタンつけが大変らしくて、「先が思いやられるよー」
って言ってたので、まあ3月末までにだから、ゆっくり
やりなよって言ってるんですけどね!実は成人式の
振袖とか持ってなくて、七五三もない晴れ着なしの
人生だったので、これを晴れ着だと思ってどっかで
記念写真でも撮りに行こうぜ!とかいう話にもなってます(笑)。

こんなのでも撮ってもらえる写真屋さんがあれば、
行きたいですね。22歳の記念にとか、撮りたいです。
20歳の写真がないのはちょっと痛いもんで、せっかく
だから若いうちに一枚何か撮っておきたいので、
写真屋さんを探してみようかなーと思っています。

いちおう、旦那さんいわくこれはコスプレだけでなく
ウエディングドレスだそうなので。
かかる予算はヘアカラー代まであわせても5000円以下で
済みそうです。それだけでドレスが作れたんなら儲けもん!
ほとんど古着のリメイクなので、コストも少なくて、
浮いたぶんの予算で色々作れそうでよかったです。

何よりスカートが京都西川のふとんカバー
済んだのが大きかったな!質のいい布団カバーでした。
しま○らに売ってますんでよかったらどうぞ、寝るために(笑)。



で、今日は徹底的に休もうと決めていたのですが、あまりに
時間を持て余したのでちょっとだけ絵を塗りました。
サッカー漫画の絵を上のほうから水彩で塗り塗りです。
カラフルに仕上げたいので、いろんな色を使います。
線が消えちゃうので、あとで色鉛筆で描き起こしながら
塗っていきます。メインはあとまわしで端っこから。
嫁画・イラスト塗りかけ。端っこからいってみた。
紙は板目表紙です、分厚いので水彩だと紙がべこべこに
なるのですが、わりと均一にそうなるので、あとから
重しを乗せてぺしゃんこにすればそれなりに戻るので
水貼りが面倒な私にとっては重宝している紙ですが、
もともとは小さい子の落書きとかそのへんのための紙
なので、あんまり大作には向いてない紙でもあります。
嫁画・昨日の線画をちょっと修正してみたにだ。
この絵を塗ってるので、少しずつ過程をあてはめて
いきながら見ていただけたら嬉しく思います。



さてさて、日々の恋文も続いております。
初めて来られた方は、まずカテゴリより「はじめにお読み下さい」を
読んでいただくと、よりこのブログを楽しめますよ。

そんなわけで、昨日の私の恋文を。


拝啓 鈴木刃様

今日は予算が足りなくて大変な作業をさせてしまいましたが、
思いがけず立派なものが完成していて、驚きました。

頑張り屋なあなたのことだから、数日もあればできるだろうと
思っての手段だったのですが、まさか一日で作ってしまうとは
思わなかったので、正直にびっくりしています。

何よりここまでしてくれて、細かな心配りや、自分には欠けた
繊細さ、私からみると、とても魅力的に思えました。

あなたに出逢うまでは、恋愛というのは「この程度で、
結婚するにも妥協あるのみ」くらいに思っていました。

けれど、あなたに愛されてからは、
「単につまらない恋で満足しようとしていただけ」だったと、
気付かされました。

本当に愛されれば、多少の不自由など何も怖くないと、
初めて知りました。あなたにこうして愛されていること、
本当に幸せだと改めて気付かされました。


   ――千里/鈴木メルヒェン瀬名子

  二〇一一年一月三十日

                敬具

2011年1月30日 嫁から旦那へ。
彼に出会って、妥協をやめた。
それは私にとっての、大きな第一歩でもありました。

ずっと「付き合ってもらえるだけでいい」くらいに
思って、放っておかれても、「忙しいだろうから」と自分を
ごまかして耐えていました。連絡がつかなかろうと、
「仕方ない」で我慢していました。けれど今の旦那と一緒に
いるようになってからは、自分はどれだけ「本当に愛されて
いなかったのか」を思い知らされたような気がしました。

それこそ、気休めの恋で、満足したような顔をしていました。

いま、彼に愛されて、そして彼を愛している自分がいて。
愛し合う幸せというのは、こういうことを言うんですね。

他人からみたらみっともない愛でも、それでも
二人の幸せには換えられない。そんな気がしました。




鈴木メルヒェン瀬名子(嫁)。
スポンサーサイト

テーマ:私のハンドメイド報告 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senako0402gin.blog137.fc2.com/tb.php/129-c549491b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

まとめ

プロフィール

鈴木メルヒェン刃・瀬名子

Author:鈴木メルヒェン刃・瀬名子
鈴木メルヒェン夫妻です。「ちゃんとお嫁にいくまで」のはずが、いつのまにか想いがつのりすぎて、ご挨拶の末、お父様からも公認をいただいた旦那・刃(ジン)と嫁・瀬名子(セナコ)の夫婦漫才のような日常と、愛し合えた日々の軌跡の恋文日記。現実世界の嫁と、精神世界の旦那という、近すぎて遠すぎる哀しい距離さえも、喜びで消し去れるように。隣にいるアナタが、幸せでありますように。そんな願いのこもった、二人のブログです。

ブログ村に参加しました

気に入っていただけたら、おひとつ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドヘアアクセサリーへ
にほんブログ村

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
はじめにお読み下さい。 (2)
旦那(刃)より。 (155)
嫁(瀬名子)より。 (155)
友人より。 (12)
旦那(刃)の視点。 (11)
嫁(瀬名子)の視点。 (11)
旦那(刃)の童話。 (9)
夫妻のおしゃべり。 (4)
お父様について。 (1)
バトンをやってみる (9)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。