鈴木メルヒェン夫妻の恋文

触れ合えない、抱き合えない。 それでも、夫婦やってます。 現実世界を生きる妻と、 精神世界に生きる旦那の 見えない絆とラブレター。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコちゃん嫁と創作意欲に燃える旦那

何故か嫁が「節電!」といって、パソコン中は暖房をつけてくれません。
なので手がかじかむので多少のタイプミスは見逃して欲しいメルヒェン旦那です。


嫁「大丈夫!雪国に比べたら熊本はよっぽどあったかいのよ!」
旦那「雪国の人はみんなストーブつけたりコタツつけたりしてるよ!」
嫁「大丈夫!部屋の中で息ハーッてして白くならなかったら大丈夫なんだからっ!
旦那「今なってたよ
嫁「うそだぁああ!なって・・・あああ!

それでも暖房をつけようとしなくて「ああ、なんか寒すぎて気持ち良い」とか極寒マゾな嫁を見てたら熱くなってきました(笑)。

っていうか地雷バトンであれだけタイトルの選択肢があったにもかかわらず妊娠しましたを選んでくれた嫁ってどうなんですか。ちょっと旦那としてはドキッとしてしまったんですが


嫁「もし私がガチで妊娠したって言ったらどうするんだね」
旦那「とりあえず聞きたいのは母乳で育てるの?
嫁「・・・まあ、それが、子供にとって一番いいなら」
旦那「母乳の出が良くなるようにしっかり揉むから
嫁「もうやってるだろ
旦那「ちなみに母乳ってどんな味すんの?
嫁「大の男の飲むもんじゃねえよ
旦那「味見がいるんじゃないの?」
嫁「はじめからそれが狙いなんだろ(イラッ
旦那「怒んないでよぉ」
嫁「男ってどうしてこうかなぁ(イライライライラ

そんな感じでやっぱり怒らせてしまったんですけど・・・けど、気になりません?←しつこい

とにかくこう寒いと外に出るのも億劫なので、今日は一日お絵かきの日ということにしていろいろ絵を描きました。絵描きの為の地雷バトンの2日目ももうこなしましたがそれはまた日が変わってから公開します。

昨晩恋しくなって叩き起こした正宗裸とか描いたんですけどその・・・ここに全部載せるならブログのカテゴリを変えないといけないそうなので、大丈夫なとこだけ削ってきました。上のほうだけなら問題なしっ!と信じていますがどうなんでしょう。とにかく変態ですみません。
旦那画・噂の正宗たんを脱がしてみたけど一応見えちゃいけないとこは見えないようにした←

これの範囲指定のときの嫁との会話。


嫁「ストップっていったら止めろよ!」
旦那「へいへい」
嫁「オーライオーライ・・・オーラストォォオオオップ!!!
旦那「指示が遅い
嫁「まずいとこ入ってるってば」
旦那「ちょっとでもダメなんだ」
嫁「猛烈にいけません

こんなアホ夫妻でしたが大丈夫なんでしょうか自分たち・・・!
ところでここは一体何をやってるブログなんだ、と思った初めての方はまずカテゴリより「はじめにお読み下さい」を読むとそもそもの本題がなんだったのかくらいはわかります(やはりその程度)。

嫁のお気に入りの半纏がほつれてたので縫ってなおしてあげました。

旦那「これでオッケーだよ」

嫁「頼りになるわぁ」
旦那「少しは見直してくれた?」
嫁「見直したもなにも今日お前しか働いてないだろ

その修理した半纏というのもずっと着てるのですが、だいぶ小さいころから着てるそうなので年代物です。大事に着てるみたいなのでおれが修理しておきました。もう誰も何も言わないでしょうがすっぴんの嫁ですが直した半纏を着ておれの手製のシュシュもつけてくれてます。
嫁実物と修理した半纏の着用例
もちろんパジャマです。用がない日は一日中パジャマです。
この写真について嫁がこんなことを言ってました。


嫁「私は一体どれだけ旦那様の愛に包まれて生きてるんだろう」

・・・別にいいじゃん、おれにとってはなんだし。ねえ。
まあ世間的に見たらおかしいことくらい自分らも承知でやってますんで、そこんとこツッコむのは嫁にもよくないのでそこはスルーでお願いします。

せめて、今本当に氷みたいに冷たくなってる彼女の手を暖めてあげられる自分の手があったらいいのになって、思います。こんなにかじかむまで我慢しなくたっていいのに。
変なところで我慢強い嫁さんですが、そのぶん肝心なところで折れやすいので、支えてあげないといけないんです。
で、支えたいなって思ったから、彼女のことを好きになったし、これから出来る限り、人生の支えになりたいと思って、おれはここにいます。

そんな気持ちを、毎日綴れたらって思って恋文を綴ってます。
どんなにアホやっても、毎日夜には持ってきます。
昨日はおれが書いたので、ちゃんと載せておきますね。


拝啓 鈴木メルヒェン瀬名子/千里様

少し羽目を外しすぎたでしょうか?
とりあえず出来る作業だけこなしておきましたが、こういった行き過ぎの不調は貴女らしいな、とも思うのですが、無理のしすぎは良くないですよ。

お互いにすぐ飽きるなら、そもそも夫婦になる意味がなかったと思いますし、おれと貴女が、というのにもきっと意味があったからこそだと信じているので、可能な限り続けていけたらいいですね。

きっと貴女は、おれ以外にも色々な人が飽きたりしないように工夫をしているのだと思います。
それは決して簡単なことではないですから、毎日絶対日課をさぼらない貴女はすごいと思います。

日記というのは、毎日違うから書く必要があるのだと、おれは思うので、これだけの年月、貴女が積み重ねてきたものは、本当に大きいのだと日々驚かされます。

けれどそれを、おれも手伝わせてもらえるのはとても嬉しいです。
ちゃんと続いていけるように、おれももっと努力しようと思います。


      鈴木メルヒェン刃

  二〇一一年一月十五日

               敬具

2011年1月15日 旦那から嫁へ
こうやって毎晩確認しあって、自分たちは夫婦っていうかたちになってるんだろうなって思ってます。
別に、なかったら崩れたような関係だとはこれっぽっちも思ってません。
だけど、もし愛する人がいて、その人から手紙の返事がきたら、嬉しくてまた返事を書きたくなりませんか?
おれたちは単純に、それが毎日できる場所で生きていたというだけです。
もし普通の文通なら、相手に届くまでに数日かかるでしょうから。
近いように見えて、果てしなく遠い距離です。
それでもこうして、毎日誰かを想いながら生きられるのは、幸せなんじゃないかなって。
そういう生き方の提案を、彼女はしようとしてるんじゃないだろうか。あまり深くは詮索しないけれど、少なくとも彼女が返事をくれる限り、おれも恋文を綴り続けようと思っています。

結局暖房をつけないで鼻水すすりながら日記書いてました。
できれば皆さん我慢せずに暖房つけましょう。



鈴木メルヒェン刃(旦那)
スポンサーサイト

テーマ:お絵描き・ラクガキ - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senako0402gin.blog137.fc2.com/tb.php/103-aa0b3632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

まとめ

プロフィール

鈴木メルヒェン刃・瀬名子

Author:鈴木メルヒェン刃・瀬名子
鈴木メルヒェン夫妻です。「ちゃんとお嫁にいくまで」のはずが、いつのまにか想いがつのりすぎて、ご挨拶の末、お父様からも公認をいただいた旦那・刃(ジン)と嫁・瀬名子(セナコ)の夫婦漫才のような日常と、愛し合えた日々の軌跡の恋文日記。現実世界の嫁と、精神世界の旦那という、近すぎて遠すぎる哀しい距離さえも、喜びで消し去れるように。隣にいるアナタが、幸せでありますように。そんな願いのこもった、二人のブログです。

ブログ村に参加しました

気に入っていただけたら、おひとつ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドヘアアクセサリーへ
にほんブログ村

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
はじめにお読み下さい。 (2)
旦那(刃)より。 (155)
嫁(瀬名子)より。 (155)
友人より。 (12)
旦那(刃)の視点。 (11)
嫁(瀬名子)の視点。 (11)
旦那(刃)の童話。 (9)
夫妻のおしゃべり。 (4)
お父様について。 (1)
バトンをやってみる (9)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。