鈴木メルヒェン夫妻の恋文

触れ合えない、抱き合えない。 それでも、夫婦やってます。 現実世界を生きる妻と、 精神世界に生きる旦那の 見えない絆とラブレター。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余り布でシュシュ作りと、嫁の思い出の品発見!

女の子の日なもんで貧血がひどくて今日はヘディングで
障子に1枚穴を開けました鈴木メルヒェン嫁の瀬名子です。
ヘディングも何も、倒れた拍子に障子の格子に頭が入ったんです。

(※早口言葉でおねがいします。)
倒れた拍子に障子の格子に頭が入ったんです。

よくもまああれだけ見事に頭が入ったもんだと(笑)。
幸い、糊がはがれただけで障子の紙は破れなかったので
よかったんですが、父がとっさに支えてくれなかったら
ドリフのコントみたいに障子ごと突き破るところでした・・・!

旦那にも「いまどきコントでもあんな体張ってない」とか
言われましたが貧血で倒れたんだってばコントじゃねえよ。
障子の破り方が猫より酷いと家族にはバカにされるし・・・!
病人にやさしくない家なので倒れて物壊したら怒られますよ。
もちろん障子破って怒られました。悪気なんかないのに・・・。

おまけに恋愛成就にと五円玉貯金をしていた貯金箱(ご縁が
あるように五円玉とか5のつく小銭)の中身を全額親に
盗まれていたことが発覚しました・・・!母がいうには
しょぼんと「200円くらいしか入ってなかった・・・」、って
泥棒ーーーー!!!(泣)
家庭内じゃなかったら窃盗罪だぞ!まったくもう!!!
でも200円ばかしで裁判沙汰にして恥かくのは私なので
泣き寝入りしました・・・それこそ泣きながら布団にもぐった。

嫁「五円でも貯金は貯金だったのにっ・・・(涙)」

旦那「ひどいことするよなぁ・・・」
嫁「よりによって恋愛成就の招き猫の貯金箱から・・・」
旦那「縁起でもねえよ・・・!
嫁「こんなことされてたらいつまでたってもお嫁にいけないよう」
旦那「・・・養ってやれるようにおれが頑張るから」
嫁「いやあたしも一緒に働くよ?」
旦那「ついてくるだけでいいようにおれが頑張って働くから

こういうときにやたら頼もしい旦那。
いやもう、一心同体みたいなもんですから一緒に働くくらい最初から
わかってましたが、ついてこいとまで言われたのは初めてです。

・・・まあ、どのみちあの五円玉は今まで別れてきた男性たちと
付き合いたいとかいう安っぽい願いをこめて投じてたから
いっそなくなってしまえば未練とかも吹っ切れるでしょうけど
一応盗まれたのは現金だったので取り返しておきました。

娘の貯金箱開けた上になけなしの小銭を盗むとは・・・!
親のやることじゃないよな。まったくもって恐ろしい。


貧血が回復してきてから、旦那がシュシュ縫ってました。
リボンつけたあの水玉+花柄ニットのワンピースの余り布で。
旦那作・水玉+花柄ニット生地のシュシュ。お洋服の余り布で。
薄ピンクに白の水玉なので写真にうまく映らなかったのですが
可愛い柄ですし、ニット素材なので手触りも柔らかくていい感じ。
1個は商品用で、もう1個作れるのでそれはワンピースとお揃いと
いうことで作ってもらう予定です、楽しみだなー。


あとなんか引き出しの掃除してたら懐かしいものが出てきました。
たしか中学一年生のときに、宿泊研修で呼子に行って、海辺で
拾った石に白い下地を塗って絵を描くっていうのが学校で
あったんですけどその石が2個出てきました。うわー。
嫁が中学1年生のときに学校で描いたイラスト付の石。所詮中1の絵なのでへたくそ(笑)
多分オリジナルの赤い妖精さんみたいなのと、もう一個は
たぶんテイルズオブエターニアのメルディと一緒にいる動物。
まあ、所詮中学1年生の絵ですからへったくそだなー!
思いながら見てましたが懐かしいのでとっておくことにしました。
旦那は赤い妖精さんのほうが気に入ったみたいです。

なぜか家族間でこの石を積んでは崩すというのが流行りました。
なかなか積めそうで積めない丸い石なもんで、積めたら
よっしゃ!と思うんですけどそれを別の人が崩して今度は
崩した人が積むという変な遊びが突然流行しました。
一時の流行なのでもう飽きたんだけどね!


夜は少しだらだらしたあとに旦那のMoira本原稿を手伝いました。
右上のソフィア先生の顔は嫁画です。下向いた顔が可愛く
描けないから手伝ってーっていわれたので部分的に。
旦那画・Moira本原稿。台詞の「しあわせにお成りなさい」はRomanからの引用。
あと台詞の「しあわせにお成りなさい」っていうのは
Sound Horizonのアルバム「Roman」からの引用です。
この台詞は原稿を紙に描く前から案が出てたので、
ようやくの登場っていう感じでした。待ってましたーっと。
むしろこれを言わせたいがためにこの本の案を通したと
いっても過言ではないくらい。つまんなかったら却下する
つもりでいたんですけど、この台詞があったので、「ああ、
それだったらいいな」と思って。MoiraはもうライブDVDを
観れないくらい涙出るほど物語が悲しいので、どうしても
旦那が「あってほしかった運命」っていうのを描きたかったとの
ことで案を練っていたところ、これで落ち着いたという。


嫁「このあとの流れについてですが旦那さん」
旦那「お待ちかねのシーンが満載で」
嫁「お待ちかねのあとは」
旦那「えっと、報告がなくなったらあらぬ方向に走ってます

原稿の報告がなくなったらなんか違う方向いくそうです(笑)。
でも何が何でもハッピーエンドには変わりないらしいです。
楽しく可愛くしめくくる漫画が好きなんです旦那は。

売り上げ的には「朝摘みなっちゃん(※)」の二の舞にならなきゃ
いいけど・・・!(※地方イベントで見事に不発だったエロまんが)
いや、読んだ人には好評だったんですけどね、あれ。
地方イベントは未成年多いからエロは下手にすすめられないのよな。
描くのは旦那でもサークル主として売るのは私の役目なので。

嫁「セールスポイントをしっかりまとめておいてください」

旦那「甘口・中辛・辛口とありますがお好きな味をでいいのでは」
嫁「カレー本ですか・・・」

でも旦那まんがはだいたい甘口だよねと嫁は思っていますが。
女の子(※嫁以外のかわいこちゃんに限る)に甘いから甘口に
なるんだろうね!嫁には辛口ですが。見えないところで。

そもそもあだ名にメルヒェンとつけられていた
時点で甘口男子だとは確信してましたが(笑)。結婚前は
そのあだ名で呼んでたんですけどミドルネームに持ってきて
しまったので私も鈴木メルヒェンになっちゃったんですけど。

まあ順調に進んでいるので見守るのみです。
本の仕上がりとか、表紙のカラーとかも楽しみなところ。



えーっと昨日はどえらいムチャ振りをされましたが。
どーしてもというので折れたわけなんですけど。

嫁「自己満足だよね?」

旦那「いやいやいやいや」
嫁「自己満足してたよね?」
旦那「満足はしてたけど」
嫁「自己満足だよね?
旦那「そのとおりです。(しょぼん

嫁はいつでも辛口。


昨晩の恋文なんですが、鼻血事件はほんとびっくりしまして
「鼻血でたことない!」ともう言い張れないのかと思うと
なんだかさみしいようなです、昔よく言ってたなー・・・。




拝啓 鈴木刃様

昨晩少し体調が悪かったので早めに休ませてもらいましたが、
今日もだいたいやることをこなせるくらいまで回復して
くれて、本当によかったです。

ニット生地は、ワンピースとしてもジャンパースカートとしても
着られて、胸元にリボンもついて、裾のフリルも可愛らしいです。
気に入って選んできた生地だったので、この形になって嬉しいです!

写真を撮るときのムチャ振りは、さすがに内心「おい」と
思っていたのですが・・・(笑)。

初めて鼻血が出たのには本当にびっくりして、冗談抜きに
「なんじゃこりゃー!」と思いました。よく周りの人が突然・・・と
いうのを見てきていて、「あんなこともあるのか」と他人事と
思っていましたが、とうとう私にもありました・・・。


    ――千里/鈴木メルヒェン瀬名子

  二〇一一年九月九日

              敬具

2011年9月9日 嫁から旦那へ。
本当に他人事と思ってたので自分で出てみて「あああー!」って
思いました。もう他人事とは思えなくなったなぁ・・・。

なんだかんだ辛口ですけど、でも色々頑張ってくれてるのは
旦那のほうなので、たまにはきちんと褒めてあげたいですね。
どうしても女性はヒステリックになりがちだし、言葉も
きつかったりとか、時によってそうなってしまうことがあって。
感情的になりやすいっていうのもあるんですけど。

そういうこともある程度は自分で認めて反省しなきゃな。
付き合ってく以上、親しき仲にも礼儀ありなので。




鈴木メルヒェン瀬名子(嫁)。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

なんか倒れたみたいですが、毎回倒れてますが体悪いんでしょうか?
自己管理できればいいですね。
お金を抜かれたのは残念でしたね。家に生活費はいれていますか?別の話ですが二十歳を越えてるのでしっかりできればいいですね。病気なんでしょうが頑張ってください…。親はいつかいなくなります。自立できること祈っています。体気を付けてくださいね。

のりこさんへ

初めまして、コメントありがとうございます。鈴木メルヒェン嫁の瀬名子です。

体調面に関しては、本当はもっと休んでなきゃいけないんですけど、時間がもったいなく思えてしまって、つい無理にでも動いてしまっているというのが現状です。
普通の人と比べても、体力はそうとう劣っていると思います。
それでも、何もしなければそのぶん自宅に入れるお金が減ってしまうので、ある程度でもいいからやるだけのことは毎日やろうと決めてやっています。
ここのブログのほかに、父親のブログの管理も毎日やっています。
最近机に向かう時間が2時間ほど増えたのもあり、それに今までの体力ではついてこれていないというのも、倒れてしまう要因でもあります。

毎日親と生活している今だからこそ、やはり親のありがたみというのはよくわかりますし、それがいつか失われるものであることも、身をもって感じる日々でもあります。
2ヶ月に1回ほど出店しているイベントでの売り上げは、生活費には足らないですが、収入として家に納めるようにしています。
決まった月給等とは違うので、売り上げもその時々で大きく変動しますが、自分たちで作ったものを売って、それをお客様に購入していただいたお金なので、収益として責任を持って自宅に持ち帰っています。

本当はせめて最低賃金くらいの額は貰えるお仕事に就けたら良いのですが、昔の仕事で色々とトラウマを作ってしまい、今でも無理に思い出すと、取り乱すほど苦しくなることもあるので、どうかこのトラウマを乗り越えることができればと思っているところです。

でも、体調もこれでも数年前よりはずいぶんよくなっているほうです。
あのままだったら、今頃はここまで活動的な日々は送れていませんでした。
今でさえ体調のすぐれない日はありますが、何もしない日というのは、ほとんどないに等しいです。
それができるようになるのに、やはり数年を要する病気でもあったと自覚しています。

だとしても、病気だからと自分の人生を悲観したくない、悲観してばかりはいられない。
向き合って、付き合っていくべきだと思って始めたブログでもあるので、やれる範囲で、できる限りのことと毎日向き合える日々にしたいです。

自立することは、今の私たちにとっても、大きな目標であり、いまだ高い壁でもあります。
それでも乗り越えられないはずはないと思っているので、それを乗り越えて、どうか失ってしまう前に、両親を安心させられる自分になりたい、そう思って毎日を生きています。

世間体にのっとってお嫁に行く事だけが、娘としての親孝行とは限らないと思うので、いま家族と向き合いながら暮らして、いつか来る別れまでに、どうか間に合うよう、自立して今度は私が、私たちが両親を幸せにしたい、そう願いながら、たとえ足がぐらついても、踏ん張って耐えるくらいの気持ちで毎日に挑んでいきたいと思っています。

お心遣いのコメント、本当にありがとうございます。
まだまだなので、これからもっと頑張って行きたいです。

色々な理由はありますよね。外に出て働くだけが道ではありませんが、過去にとらわれすぎて…シャットダウンしてしまうのはどうかと思います。事情はあるのでしょうがお若いし…夢があるのは素敵ですが、漫画家は大変そうですね。早寝早起きをしても漫画は書けるのではないでしょうか?盛り上がる時間があるのかしら…。将来のことを考えているのは偉いですが、現実味がないような気もします。親にお世話にならず、自分の力で暮らせればいいのにとお節介ながら思います。親御さんを大切にしてくださいね。

こんにちは。

衣食住のすべてを親に頼っていながら泥棒呼ばわり。
素敵なお嬢様ですね。

通りすぎようかと思いましたが、あまりの言い種に腹が立ってしまいコメントしました。

はじめまして。
読んでいて私も通り過ぎようか悩みましたが…正直、自分に甘すぎじゃないですか?
親がいなくなったらどうするつもりなんですか?ちゃんと一人前に働いて、親に心配かけないようにしようとか思った事あります?
病気なのは仕方ないかもしれませんが第三者からみると自分を甘やかしてるだけにしか見えませんよ。
もっと辛い状況でも頑張ってる人は世の中たくさんいますよ。なにもかも病気のせいにしないほうがいいんじゃないですか?
親の事にしろ恋愛の事にしろ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://senako0402gin.blog137.fc2.com/tb.php/376-e2e919fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

| HOME |

FC2Ad

まとめ

プロフィール

鈴木メルヒェン刃・瀬名子

Author:鈴木メルヒェン刃・瀬名子
鈴木メルヒェン夫妻です。「ちゃんとお嫁にいくまで」のはずが、いつのまにか想いがつのりすぎて、ご挨拶の末、お父様からも公認をいただいた旦那・刃(ジン)と嫁・瀬名子(セナコ)の夫婦漫才のような日常と、愛し合えた日々の軌跡の恋文日記。現実世界の嫁と、精神世界の旦那という、近すぎて遠すぎる哀しい距離さえも、喜びで消し去れるように。隣にいるアナタが、幸せでありますように。そんな願いのこもった、二人のブログです。

ブログ村に参加しました

気に入っていただけたら、おひとつ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドヘアアクセサリーへ
にほんブログ村

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
はじめにお読み下さい。 (2)
旦那(刃)より。 (155)
嫁(瀬名子)より。 (155)
友人より。 (12)
旦那(刃)の視点。 (11)
嫁(瀬名子)の視点。 (11)
旦那(刃)の童話。 (9)
夫妻のおしゃべり。 (4)
お父様について。 (1)
バトンをやってみる (9)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。